« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月の11件の記事

2005年3月28日 (月)

今日日リメイクはあり得ない設定

烟草でエネルギーを補給できたらどれだけ楽だろうと思う今日このごろ。しかしそれができたとして、問題は一本でどれだけ補給できるかだな。タールの量に比例するなんてことになると、一ミリなんて軽いのを吸っている私は何本吸えばよいのやら。
だいたい、日に十本も吸わないのだから、実は今の食生活とたいして変わらなかったりして。

などとうだうだ考える、そして腕時計やズボンのベルトは以前と比べて確実に余ってる。

2005年3月27日 (日)

仙川の三つ巴

早起きして洗濯を済ませたら、なんとなくマンドリンとちゃらちゃらと鳴らし、昼前から京王線仙川駅周辺を探索。駅前にスターバックスやらカルディやらフレッシュネスバーガーやらがありましたよ。どーよ、これ。ミスドがあるのがちょいと嬉しい。

それにしてもこの辺り、調布市と世田谷区と三鷹市が隣り合わせているのが面白い。一口に「最寄り駅は仙川」といってもどこに属するかで住所の字面から受ける印象ががらりと変わる。印象だけじゃなくて生活の上でなにか明暗をわけることはあるかしら。

2005年3月24日 (木)

YMO関連リイシュー

ひと頃の「アルファ商法」を彷彿とさせる怒濤のリリース。リマスタリングだの新インタビューだの紙ジャケットだのとマニアは受難だね。アルファ商法度が最高なのはやっぱり『YMO L-R TRAX』だよな。結局レアトラック集は悪名高い『TECHNO BIBLE』のボーナスディスクとほとんど一緒みたいだし。

当然のごとく持ってるモノばっかりなので、とりあえずCDを買いそびれていたユキヒロの『SARAVAH!』と『NEUROMANTIC』、細野の『はらいそ』を購入。そんなわけで、今日からiPod Shuffleはユキヒロ特集。

実は『SARAVAH!』は未聴だったのだけど、なんか細野みたいな唄い方ね。音は甘ったるいし、「YMO前夜」っていう先入観があったから、なんだか違和感を憶える。

CDジャーナルの記事:
ライヴ・バンド“YMO”を詰め込んだCD8枚組BOXセット発売!
キングレコードからYMOメンバーのソロ作品、リマスタリングで再発!

2005年3月21日 (月)

マーティンクラブコンサート

20050321_martinマーティンクラブコンサートに行ってきた。渡辺等さま&高野寛が目当てで行ったようなもんだったけど、他の出演者の演奏も素晴らしかった。アコースティックと聞いて短絡的におとなしいコンサートかと思っていたら、一曲目の『キャラバン』から二人のギタリストのソロに圧倒された。ほかにもクリームなんかやったりして、結構ノリノリ。等さまはベースの他にチェロも弾いたので、寿史ぶりにフレットレスギター以外の演奏を観られて満足。パーカッションの三沢またろうもまでも「僕もマーティンを持ってるんです」と、弾き語りなんかしちゃって、ギター小僧っぷりが微笑ましかった。

アンケートに答えたら、ギターのサウンドホールをくり抜いた材そのまんまの「コースター」をもらったのだけど、これ、本当にコースターとして使ったら水がしみて大変なことになりそう。

2005年3月20日 (日)

名前をつけてやる

日経ゼロワンの特集記事の見出しに「爆発的人気でこれはもう第2の音楽革命だ iPod&携帯音楽プレイヤー」なる文句が。

腰骨さんの言うように、この種の音楽プレイヤーの総称としては結局「mp3プレイヤー」あたりに落ち着きそうに思える(実際に再生するのがmp3ファイルかどうかってことは置いといて)。それにしても、この見出しがiPodとそれ以外と言っているところにiPodの威力を感じる。

あと、いくら携帯性を備えていても、カセット、CD、MDなどは度外視なのね。これもまた時流か。

2005年3月19日 (土)

いぬのえいが

犬をテーマにした短い話のオムニバス。そのうちのいくつかの話を柴犬ポチがつないでいて、それらがいちばん気に入った。ベタといえばベタな話だけど。柴犬、いいわ。あとはバウリンガル(ウソの)開発秘話にワロタ。
http://www.inunoeiga.com/

2005年3月16日 (水)

カラータイマーがっ

床に落とした拍子に取れてしまった…orz
まあ、そんなにみっともないことにはなってないけど。050316_2300.jpg

2005年3月14日 (月)

懐メロ今様二曲

カレー屋で夕飯を食べていたら、噂の(?)「Romanticが止まらない Remix Version」が流れて、腰を抜かした。なんで今ごろC-C-Bなんだろうね。メモリアルDVDも出てるようだけど、ライブがメインだから食指は動かないな。ベストテンに出てたのを見たいよ。それだけじゃ時間稼げんだろうけど。それにしてもこのリミックス、なんか二十歳前の頃に流行ったジュリアナ東京なんとかみたいなバカっぽい音で、ちっともいいと思えない。

でもって、間に一曲はさんだあとに流れたのが「ハイスクール・ララバイ」のカバーで、これまた腰を抜かしましたよ。あとから調べたら、月刊プロボーラーとかいう人たちのカバーだそうで、こっちはなかなか。PVは面白くないけど、ロボ声ってだけでたいがいのことは許しちゃう。シングルカットしてくれたら買ってもいいんだけどなー。ああ、でも「なあ〜っ!」がないのはいただけませんな。
自分のバンドP.P.G.でカバーした身としては、ちょっぴりくやしい。

2005年3月13日 (日)

東京へとんぼ返り

唐津で一泊。午後から雪が降りだした。風に舞う粉雪は、東京で見る雪とは違う印象。帰りの飛行機が強風のために到着が遅れて、出発も一時間遅れに。とはいえ、往きのように揺れることはなく、ひたすら寝る。強行軍の唐津行きはとりあえず無事に済んだ。

からつ曳山展示場で見た、唐津くんちの曳山が素晴らしかった。気に入ったのは、鯛と飛竜。

2005年3月12日 (土)

九州初上陸

飛行機が揺れた揺れた。雪の予報が出ていたけど、雨すら降らず薄曇りといったところ。050312_1114.jpg

2005年3月 6日 (日)

私鉄沿線

京王線国領駅近辺をぶらぶら。スーパーが三件もあって、しかもいずれも深夜まで営業しているのがすごい。そしてなぜか医院がやたらと多い。歯科医院なんて五、六件あったんじゃないだろうか。なぜだ?