« 家電厄日 | トップページ | スプレー12連射 »

2005年6月12日 (日)

サックスへの偏見

一日部屋にこもっている間、ずっとかけていたのはサックスをフィーチャーしたCD。といっても、篠田昌已と立花ハジメくらいしか持ってないのだけど。

だいたい、もともとサックスってたいして好きでもなかったんだよな。うまく説明できないんだけど、なんかこう、ポップスの間奏なんかで気取って歌い上げちゃってるソロ、それが私のサックスのイメージ。ジャズとかフュージョンなんかでもそんな感じ?聴かないから知らないけど。

それにひきかえ、篠田昌已の歩きながら鼻歌でも唄ってるようにフワフワしていて(ばかりじゃもちろんないのだけど)かつ訴えかけてくるような演奏、立花ハジメのぶっきらぼうな演奏。どちらもそれらを聴くまでの私のサックス像とはまったく違っていて、いたく気に入ったものだった。

なのでサックスと言えば私の中ではこの二人。どっちかと言えば篠田昌已。ほかの人の演奏をまともに聴いたことがないくせに。

« 家電厄日 | トップページ | スプレー12連射 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37206/4529712

この記事へのトラックバック一覧です: サックスへの偏見:

« 家電厄日 | トップページ | スプレー12連射 »