« テクノポリス中央放送局 | トップページ | 等さまもあった »

2005年7月31日 (日)

親指がやばい

多摩川で練習。今回の会場は、うちの奥様も引き込むべく、比較的近場の京王線高架下。タカジョイ氏は体調がすぐれず不参加。chikoさんとは初顔合わせ。なかなか全員が揃いませんな。

今回初参加の奥様はメンバーに次から次へと楽器を差し出されて音出し体験をさせてもらった(させられた)。金管楽器はちょっと厳しそうだったものの、クラリネットは割とあっさり音を出したのがちょっとくやしい。サックスならもっと簡単に音を出しそうだ。そしていよいよ決意した模様。しめしめ。

腰骨さんは相変わらずかっ飛ばしていて、パラパラパラと軽快に吹く様にちょっとジェラシー。そして高架線を電車が通るたびに上に向かって吹きまくり。これは…なんか…人が通るたびに吠えまくる番犬みたい。まあそれはそうと、みんなそれぞれ似つかわしい楽器を選んだものだと思う。

クラリネットは前回よりは楽に音が出せるようになった感じ。でも相変わらずボーボーと吹くだけ。今回はチューナーを用意して、自分の音が合っているのか確かめてみた。すると。自分でピッチが合ったと思った音が、チューナー様によれば少し高めらしい。針が真ん中に合うように吹くと、ちょっと低すぎるように聞こえるのだけど。私の中の基準ピッチが狂っていたのか。

レジスターキーを使って高い音を出せることがわかると、調子に乗って高い音を出しまくり。そうそう、こういう高い音を出したかったわけですよ。そんなことをしていたら、練習後、左手親指の付け根にヒリつきを感じるようになっていた。下の穴とキーを同時に押していると親指の向きが不自然になる、これがいけないんだろう。そして右手親指も同様に痛みが。こちらは楽器を支えるのに使っているから。これはちょっとやばいな。なんか手だてはないものか。

まだ運指を全然知らないので、低い音域と高い音域しかだせず、その中間がミッシングリンクになっている。これを埋めないと、でたらめにでもメロディを吹くことができないから、なんとかしないとね。って、まだそんなことをする段階じゃないのは解っているのだけど。

« テクノポリス中央放送局 | トップページ | 等さまもあった »

楽器」カテゴリの記事

身辺雑事/独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37206/5251566

この記事へのトラックバック一覧です: 親指がやばい:

« テクノポリス中央放送局 | トップページ | 等さまもあった »