« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月の16件の記事

2005年8月27日 (土)

メゾン・ド・ヒミコ

寿史ぶりに映画を観た。『メゾン・ド・ヒミコ』。チラシを見てちょっと気になっていた。奥様もコマーシャルを見て気になっていたらしい。

気に入ったキャラ、繊細で洋裁の得意な山崎さん。卑弥呼の圧倒するような存在感もすごかった。化粧品のコマーシャルの時から思ってたわけだけど、柴咲コウって顔と声がちぐはぐだよな。海辺の洋館って素敵だけど、手入れが大変そうだ。

細野晴臣が音楽を担当しているのに気づいたのはコマーシャルを見た奥様。私はチラシをきちんと見ていなかったので全然気づかなかった。

映画音楽は、杉井ギサブロー監督作『銀河鉄道の夜』(85年)、同監督のアニメ映画『源氏物語』(87年)以来、18年ぶりとなる。

これは違うだろ。98年に『ほしをつぐもの』の音楽をやってるっての。細野のキャリアの中でないことにされているのか?ホソノ箱にはちゃんと入っているのだが。

2005年8月23日 (火)

新作プリーズ、先ちゃん

江口寿史 JUMP WORKS』って…。手を替え品を替えリリースされてきたYMOのベスト盤を彷彿とさせますな。

こんなのいいから、新作プリーズ。って、それができないからこんなのでしのがざるを得ないんだろうけど。

2005年8月22日 (月)

モーグ博士が死去

ボブ・モーグ博士が死去。ついこのあいだ映画『モーグ』を観てその衰えない様に感服していたというのに。普段は「モーグはちょっとベタ過ぎるよね〜」などとうそぶいてアープ・オデッセイのTシャツなんか着てる私だけど、やっぱりオリジネイターは偉大だと思うわけですよ。

合掌。

2005年8月21日 (日)

寝不足気味でスタジオ練習

いつもの連中とスタジオで練習。寝不足気味だったせいか、吹いているうちに頭がジンジンしてきた。管楽器ってものは身体を使っているというのを強く実感するもんだと思ってはいたけど、ちょっとした不調がてきめんに響くものなのね。

近場で自主トレのできる場所を開拓したい。

2005年8月19日 (金)

やってもーた

iPod mini 6GBを買ってしまった。土壇場で「やっぱり容量がデカい方がいいかなー」とぐらついたものの、レギュラーのiPodはやっぱり寸法もデカいし重い。自分には気軽に持ち歩ける感じじゃないので初志貫徹。色はシルバー、PowerBookと並べるとなんとも地味。もっとビビッドな色があればシルバーでなくてもよかったんだけどねぇ。ともあれ、これで手動一曲リピートしなくて済むし、シャッフルプレイで忘れてた曲がかかっても曲名がわかる。なんつっても、たったの6GBだから忘れるような曲は入れないか。

イヤホンも一緒に買おうかと思ったものの、決めかねて今回は見送り。

2005年8月16日 (火)

地震、今度ばかりはと

仕事中に地震。ゆっくりとした大きな横揺れが長く続き、いままでに体験したことのない揺れだったので、ついに東京に来たかと思って身構えてしまった。いつ揺れがおさまるかじゃなくて、この後どんなすごい揺れがくるかを考えていた。

一分ほどだかで揺れはおさまったものの、この船の上のような変な揺れに気分が悪くなる人続出。夏休みで奥様がいる自宅に電話してみたら、都心を外れたところではそれほど大きな揺れではなかったらしく、何事もなくてひと安心。

それにしても、やっぱり東京に来る日も近いのかな。

一曲リピートしたい

腰骨さんがスティッキーズに書きました。;

その昔、A面もB面もひたすらゴダイゴの「モンキー・マジック」だけを入れたカセットテープ(60分)を作った、ってハナシは前にもしたと思います。

私も昔やりました、カセットで一曲リピート。今でも家ではiTunesでやります。家では。外じゃできません、iPod Shuffleだから。一曲リピートをしたければ、たった一曲入れれるしかありません。ウォークマンなら、ほかの曲を聴きたくなったらカセットを入れ替えればそれで済みます。iPod Shuffleではそれもできません。いや、そういう風に使うもんじゃないですけどね。


むがー。

そんなわけでハードディスクのiPodが欲しくなってきている今日この頃。

あー、あとイヤホンもちょっとどうにかならんかね。いま使ってるオーディオテクニカATH-CM3、高音がキツいとは前にも書いたとおりで、使ってゆくうちに多少は落ち着いてきた気もする。でもやっぱりソースによってはキンキンして聞き疲れするんです。そしてケーブルの取り回しが非常によろしくないんです。一応「U型コード」とはいうものの、中途半端な長さに分かれてるもんだから、うまい具合に首の後ろを回ってくれず、変なテンションがかかって外れやすいったらない。

むきー。

そんなわけでイヤホンも買い替えてくなってきている今日この頃。

あ、一昨日、iTMSでStyxの「Mr.Roboto」を買いました。ドモアリガト。いやー、こんな歌詞だったんですね。それ、知らんかったってんちんとんしゃん。

2005年8月14日 (日)

ひとり銀ブラ

昨日から奥様が大阪に行っていていない。どれ、『Zガンダム』でも観に行くかとともったら、ぎゃあ、もう終わってる。『モーグ』の二の舞じゃん。早めに起きて洗濯も済ませたというのに、やる気減退。

となるとついゴロゴロとしてしまうのだけど、それもあんまりなので、午後から銀座へ出かけることに。クラリネットのケースを探しに山野楽器へ言ったのだけど、これがない。クラリネットケースはわりとどこへ行っても種類が少ない。webで探すと海外のショップでは結構いろいろあるんだけど、日本で扱ってるところがほとんどないのよね。実物を見ずに通販もちょっと怖いし、どうしたものか。

結局、クラリネットの指掛けクッションを一つ買い、あとは渋谷を回ってふらふらとCDを探したり。実りない休日だった。髪を切ったり服を買ったりするつもりでもいたのに、なんもしてないじゃないか。共犯者がいないから、ダメ感もひとしお。

2005年8月13日 (土)

『モーグ』デラックスDVD BOX

前売券を買っていながら観そびれた映画『モーグ』のDVDが出ていると知って、早速購入。買ったのは週半ばごろだったのだけど、ゆっくり観たかったので寝かせておいて、本日ようやく鑑賞。

モーグ博士、一見キュートなおじいさんかと思いきや、神秘思想めいたことを語る時には張り詰めたような雰囲気を漂わせて、ちょっと意外な感じがした。

名前は見聞きするけど作品や演奏はよく知らないっていうようなアーティストの演奏が観られたのがちょっとよかった。こういうきっかけで気に入ったりすると、iTMSで曲探してみようかな、なんて思うわけですな。最初は一、二曲。そのうち結局CDを買うことになんて展開もあり得るわけで。

演奏と言えば、登場したテルミン奏者のパメリア・カースティンがカッコよかった。よくある、ポルタメントぐいんぐいんとか甘ったるいビブラートゆらゆらのメロディーじゃなくって、なんとランニングベース。こんなこともできるんだねー。感心した。

シンセが好きなら間違いなく楽しめると思うけど、そうでない人が観たらどうなんだろう。例えば、『テルミン』なんかは、テルミン自体はよく知らない人でも、テルミン博士の波乱に満ちた生涯というストーリーを鑑賞できる(そうは言っても観るからにはそれなりに興味があるからだろうけど)。でもこの『モーグ』、予備知識がないとエピソードの断片がノンリニアに継ぎ合わされたよくわかんないものに見えるんじゃないのかしら。どうなんだろう。

ちなみに買ったのは特典付きの限定ボックス。バッジやキーホルダーはアレだけど、映画パンフはよかった。

スタジオ練習

私が前回の野外練習で音を上げたからか、腰骨さんの提案により今回の練習はスタジオで。スタジオ練習なんて何年ぶりだよ。写真を漁ってみたところ、オリジナル帝団がイベント出演のために練習したのが2002年4月。三年ぶりかよ。

スタジオで音を出せるとなると、ついベースを持っていきたくなるところだけど、そこは抑えて。いつもなんとなく音を出して終わってしまうので、今回は運指表を見ながら音階練習めいたことをしてみた。すると音域によってアンブシュアを変えないとちゃんと音が出ないことに気がついて唖然。音程の跳躍するようなスラーがとても難しい。一度ですらそんなところがある。まだ慣れてないからなんだろうか。またまた道のりの険しさを覚えるのだった。

前回の練習後に困った、レジスターキーを使う左手、楽器を支える右手、それぞれの親指の付け根の痛み、今回はあまりなし。一応はなれていきたということか。けど、今度は右手親指の第一関節のあたりが、楽器の指掛けに圧迫されて痛むようになった。これも続けていれば皮膚が硬くなってなんともなくなるんだろうが、しかし、まめができたりしたらいやだなー。市販のクッションでも付けてみるか。

高い音を出していると気持ちいいのだけど、やけに疲れる。

2005年8月 8日 (月)

猿の知らせ

昨日の練習がたたって、もうダルダル。仕事になりゃしない。夏場の野外練習は考えものだな。

進まない仕事をだらだらとしながらゆるい頭の中で、突然ゴダイゴの「モンキー・マジック」が流れて止まらなくなった。んー、これ課題曲にいかがでしょう?ノリを出すのが難しすぎるか。

そんなことを考えていたら、すごく聴きたくなった。帰ったらiTMSでポチしようっと。

…ない。

うがー。

2005年8月 7日 (日)

GUITAR-SAMURAI、乱入

050807_jamとうとう管楽器を始めると決めた奥様。迷った末にアルトサックスを選び、お茶の水へ。

腰骨さん、タカジョイさんも応援に来てくれた。そうは言っても長続きするのかが、かなり不安。入門用の安いモデルでいいんじゃないの?いやいや、ちょっと値が張っても見た目が気に入った物を買えばモチベーションも上がって長続きするというものでしょう。などと逡巡して結局、入門モデルにケテーイ。サックスプレイヤーがもう一人誕生。

そしてタカジョイさんがテナーサックスの点検をしてもらったり、後から合流した腰骨さんの同僚、トランぺッターSさんが腰骨さんと二人でフリューゲルホルンやスライドトランペットなどを試奏したりして、その後ぞろぞろと多摩川へ。さらにchikoさん、某M師と合流して練習開始。クラリネットでは割と簡単に音を出していた奥様が、アルトサックスでは難儀してる。

そんなこんなでブーブー、パーパーやっていると。「リズムセクションは、いりませんか?」なんとギターをもった外国人青年が乱入。ほとんどのメンバーはどうにか音を出している、音階を吹けるといった程度で大いに戸惑っているのに、青年はお構いなしでギターを弾き始めた。

すると腰骨さんが応戦。ブルース、ジャズ、ボサノバと繰り出してくる青年と、辛くも渡り合ってるじゃあありませんか!めちゃくちゃカッコいい腰骨さん。いや、マジですごいよ。一同すっかり観戦モード。しばしジャムとおしゃべりを楽しんで青年は去って行った。いやー、こんなことってあるんだねぇ。新鮮な経験だった。見てただけだけど。

その後食事をとりつつ、合宿練習をしようという話で盛り上がり、解散。それにしても、日曜日の練習は正直、キツい。くたびれた上に翌日から仕事かと思うと…。

iTMS、最初に買った曲

QUEEN「Bicycle Race」、サディスティックミカバンド「タイムマシンにおねがい」。
前の勤務先にフレディ大好きな人がいて、よくQUEENやフレディを聞かされるうちにこの曲は気に入ってしまったのね。ミカバンドはなせかファーストだけCDを持っていて、そのうち『黒船』も買うつもりでいながらなんとなくそのままになってた。そのうち本当にCDを買うような気もするけど(いつでも買えると思うと後回しになってしまうのね)、iTMSで見たら聴きたくなったのでこの曲だけポチ。

2005年8月 6日 (土)

結婚祝いのNGアイテム

私の方の近場の親戚を集めて、食事会。一応、奥様のお披露目ってことになるのか。不愉快なことが多かった。顔を合わせるなり「報告が遅い」と叔父に言われて、腹の中で「それだけアンタのプライオリティは低いんじゃっ!」などと毒づいてみたり。耐え忍んでとりあえずは無事終了。

それはいいとして、母親が預かっていた知人からの結婚祝いを受け取って亜然。お二方から戴いたお祝い品のどちらもがペアのカップ。すでにペアのカップは三組戴いているわけで、都合五組。そうでなくても二人が持ち寄った物だけで余っているというのに。

結婚祝いにペアのカップを贈ってはいけません。

2005年8月 5日 (金)

新しいチューニングメーター

この一週間というもの、落ち着いて昼休みをとることもできず、仕事中はまったくもって不機嫌極まりなかった。このモヤモヤを解消するには買い物。とうわけで、KORG AW-1を購入。DT-7の売却先もめでたく決まったことだしね。

いや、思った以上に小さい。試しにベースギターとフラットマンドリンに取り付けて使ってみた。このくらいの楽器だと重みはまったく感じませんな。クラリネットに付けたときにどんなもんなんだろうか。
LCDのメーターも非常にスムーズに動いていい。DT-7もスムーズではあったけど、セグメントが少なくてなんかごまかされてる感じがしていたからねぇ。LCDなので当然ながら角度によっては見づらいけど、これは取り付け方でなんとかなるか。屋外での視認性も気になる木。これは今度の練習で。

ともあれ、満足度はなかなか高し。

あ、私はパールホワイトを買ったので、買うならシルバーにしましょう。ヤマハから出てるOEM品も可。>某M師

2005年8月 4日 (木)

等さまもあった

ついに始まりましたねー、iTunes Music Store
CD借りた方が安いんでないのだのなんだの言いながら、ついついブラウズしてあっという間に時間が経ってしまう。あぶないあぶない。

松崎しげる「愛のメモリー」がチャートインしているけど、祭りでもあったのか?
ソニーミュージックが参加していないのは、30代にはちょっとツライかな。

ざっと見て、驚いたアーティスト。こんなのまでラインナップされてるなんて。


  • ALI PROJECT
  • 山本耀司
  • 外間隆史
  • 海上自衛隊東京音楽隊

などなど。
荒井由実があって松任谷由実がないのはなんでじゃー。
ウルトラシリーズの主題歌があったら買いたかったんだけどなー。

渡辺等さまも『Two Doors』がありました。しかし、ジャンルが「イージーリスニング」てのは納得できん。