« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月の11件の記事

2005年12月31日 (土)

生まれて三度目の飛行機

奥様の郷里へ帰省。羽田から福岡まで乗った飛行機はピカチュウ。そして佐賀へ。12/30から1/2までの滞在。20051230.jpg

2005年12月30日 (金)

NOKIAとシンクロ、フーッ!Tigerオッケ〜!

というわけで、PowerBookのOSをTigerにアップグレード。初期化してからインストールしたもんだから、これからもろもろの環境を復旧するのが面倒〜。

DashboardやらSpotlightやらの新機能は置いといて、まずはiSyncですよ!NOKIA 6680とシンクロできたよ、うひょひょ。アドレスブックのふりがなは6680に移らないというのは、知ってはいたけどやっぱりちょっと残念ね。

いや、それでも感激。いまはシンクロできるってだけで大喜び。携帯電話はいつもポケットに入っているものだから、こういうものにこそToDoやカレンダーを入れておきたいってもの。前のV301SHはアドレスブックしかシンクロできなかったからねぇ。フー!

と、ここで喜んだのもつかの間、明日から帰省なのでTigerをじっくりいじれない。

2005年12月29日 (木)

ご多分に漏れず、あたくしもケースを

アップルストアに注文していたMac OS X Ver. 10.4とiPodケース「Golla Square Cord」が届く。このケース、iPod miniを入れるにはだいぶ大振りなのだけど、ワイヤレスヘッドホン(故あってだいぶ前に手に入れていたロジクール製のBluetoothヘッドホン、これ便利)のトランスミッターなんかをつけていると、ちょうどいい具合。ワイヤードのヘッドホンを使う場合にも、巻いたケーブルを本体と一緒に突っ込んでおけるからそれはそれでいいかも。

2005年12月23日 (金)

モバイル青春時代

051223_pdas不要品の整理をしていたら、MessagePad 2100を発掘。懐かしくなって電源on。オオ起動するする。と喜んだはいいものの、設定していたPINコードを忘れていて起動画面から先へ進めない。仕方なくハードリセット。日本語環境が失せたorz

ああ、デカいなぁ。これを毎日持ち歩いていたわけだ。それがPalm Vxを経てCLIEになり、もうじき6680になる(はず)。しかし、高度な手書き認識にアシスト機能、紙を目指したNewtonからある面では退化の一途というわけか。今なんかボタンでポチポチだもんな。まあ、Newtonのすごさは日本語環境ではことごとくスポイルされていると言っていい状況だったわけだし、今のデバイスは便利に使ってるけどね。

そうは言ってもこれが私のモバイル青春時代。CLIEや6680を手放すことがあっても、MessagePadは手放さない。

ところで、MessagePadのハードリセット方法を調べていたら、Newton Japan Onlineが今も更新を続けていることを知って驚いた。しかも新着記事はWorldwide Newton Conference 2006の参加者募集を知らせるもの。すげー。

2005年12月22日 (木)

天地無用

帰りの電車で。
携帯電話を逆さに構えてボタンをポチポチしている男がいる。なんじゃこりゃ。アレとかソレとかやってんのかと思ってそれとなく覗いてみたら、やっぱり。将棋。
時々出てくるメッセージは、読み取ることはできないものの、文字が逆さであるのは確か。なんでこんなコトしてるんだ?しばらく見ていると、今度は元に戻してポチポチ。
なんでこんなコトしてるんだ?

2005年12月17日 (土)

NOKIAに帰ってきましたよ

051218_nokia
本日発売のNOKIA 6680を購入。店によっては入荷数が予約数に満たないようなところもあったらしいけど、近所のボーダフォン・ショップで難なくゲット。ショップのお姉さん、「日本製品とはだいぶ使い勝手が違いますけど…」って、わかってるっちゅーの。

NM502i以来、久しぶりのNOKIA。独特の階層メニューに戸惑って、何がどこにあるのやらと迷子になってばかり。

とりあえずBluetoothを使った諸機能を試してみる。ファイル送信とモデムは難なく成功。アドレスブックからのダイヤルやSMS送信ができない(メニューがグレイアウトしている)のはなんでだ?

下の方に寄ったキーは思ったほど打ちづらくないけど、メニューキーが左下にあったりクリアキーが右端中央にあったりと、配置がほかの機種と著しく違うので、慣れるまではちとつらそう。

PowerBookのOSがまだPantherなので、iSyncはできない。さてさて。

2005年12月11日 (日)

ミラーマンがやって来た オリョッ!オリョッ!オリョッ!

11/23にミラーマンのDVDボックスが届いて以来、ぼちぼち観ているので、雑感をば。10年くらい前にレンタルビデオでちょこっと観ただけだったので、ちゃんと観るのはこれが初めて。

オープニングとエンディングのくるくる光る輪はやっぱりかっちょいい。これ好き。

画面が暗い。夜のシーンが多いからってだけじゃなくて、なんかウルトラシリーズとはトーンが違う気がする。ストーリーも地味〜。刑事ものか探偵ものかっていうノリ。それがまたいい。

ミラーナイフはとどめの一撃なのに、地味だなぁ。と思っていたら、回を重ねるごとに新しい技が。スライサーVは鋭い動きからしてよく切れそうでいい。

鏡から鏡へのテレポーテーションっていうのがイカす。

ボーナスディスクのラッシュフィルム集が面白いけど、細切れのシーンが音もなくひたすら続くのはちょっと不気味な感じ。

VOL.2も予約済み。

2005年12月10日 (土)

三歩下がって二歩進む

夕方からスタジオに空きがあったので、奥様と一緒に練習。このところあんまり吹いていないもんだから、一時間も吹いていると口の周りが疲れてきて、もうへなへな。やっぱり毎日少しずつでも吹かないとだめなのね。いや、わかっちゃいたつもりだったけど。

後退した分を取り戻すだけの練習って感じだった。しかも全部は取り戻せていない気がする。三歩下がって二歩進む。これじゃ、後退するばかりじゃないか orz

格安航空券マジック

年末年始の帰省のために注文していた航空券が届いた。さる業者から格安で買うことができたのだけど、届いた券を見てびっくり。

「株主特別優待」ですって。その額面は支払った額より一万円(一枚あたり)安い。同封の送付状には、「代金には優待券代として一万円を含んでいる」という内容の注意書き。意味不明の名目だけど、まあ手数料と理解している。それでも普通に買うより五千円くらい(一枚あたり)は安く買ったんじゃないだろうか。

これは一つの例なんだろうけど、安い航空券って、こういうことなんだ。へぇ〜。

2005年12月 8日 (木)

ライブ盤じゃなかったのか…新居昭乃『sora no uta』

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの新譜を買いにCD店に行ったら、目当てのCDの近くに新居昭乃の新譜。帯には「2005年のライブsora no utaより+オリジナルPVの計4曲を収録!」。CDとDVDの二枚組。ほほう、ライブ盤かとアジカンと一緒に買ったら…。んー、ライブじゃないよな。よくよく見ると「20th Anniversary Album」。記念のベスト盤だったのかorz
いや、まあ確かにベストといっていい選曲ではあるけど、なんか。DVDはまだ観てない。

2005年12月 3日 (土)

忘年会

かつての同僚らと刀削麺荘で忘年会。今年は二回も集まれてよかったよかった。なんだかんだ言っても、散り散りになっちゃうと年に一回集まることもなかなかなくて、そのうち付き合いがなくなってしまったりするからね。

今回は私の結婚祝いも兼ねてということだったので、夫婦で参加。奥様から見て私は珍しくよく喋っていたようで、毎回連中に合いに嬉しそうに出かけている(ように見えていたらしい)ことに納得した様子。

「元同僚」とかいう言い方もそろそろどうかなぁと思う今日この頃。