« 天地無用 | トップページ | ご多分に漏れず、あたくしもケースを »

2005年12月23日 (金)

モバイル青春時代

051223_pdas不要品の整理をしていたら、MessagePad 2100を発掘。懐かしくなって電源on。オオ起動するする。と喜んだはいいものの、設定していたPINコードを忘れていて起動画面から先へ進めない。仕方なくハードリセット。日本語環境が失せたorz

ああ、デカいなぁ。これを毎日持ち歩いていたわけだ。それがPalm Vxを経てCLIEになり、もうじき6680になる(はず)。しかし、高度な手書き認識にアシスト機能、紙を目指したNewtonからある面では退化の一途というわけか。今なんかボタンでポチポチだもんな。まあ、Newtonのすごさは日本語環境ではことごとくスポイルされていると言っていい状況だったわけだし、今のデバイスは便利に使ってるけどね。

そうは言ってもこれが私のモバイル青春時代。CLIEや6680を手放すことがあっても、MessagePadは手放さない。

ところで、MessagePadのハードリセット方法を調べていたら、Newton Japan Onlineが今も更新を続けていることを知って驚いた。しかも新着記事はWorldwide Newton Conference 2006の参加者募集を知らせるもの。すげー。

« 天地無用 | トップページ | ご多分に漏れず、あたくしもケースを »

デジモノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37206/7808994

この記事へのトラックバック一覧です: モバイル青春時代:

« 天地無用 | トップページ | ご多分に漏れず、あたくしもケースを »