« 町田康『東京飄然』読了 | トップページ | 結局、CD2枚だけ »

2006年2月11日 (土)

山の頂きでソバヤソバ〜ヤ

京王電鉄のキャンペーンに乗って、そばを喰らいに高尾山へ。たくさんお店はあったけど、チラシを見て気になった、ぶっとい麺の暁亭を目指す。ってことは、てっぺん。

中腹までリフト。怖かった。なんだか座りがよくない椅子、足は宙ぶらりん、ベルトなんかないし、手を離したら落っこちそうじゃん。片手に荷物、片手は手すりを握りしめて身を固くしてました。奥様は後ろを振り返って写真なんかとったりしてたけど。

リフトを降りたら山頂までは登山道をよちよち歩き。怖かった。吊り橋を目当てに選んだコースの細い崖道はいつからあるんだか、雪で覆われていて、踏み固められて凍ってる。足を滑らせて転んだりしたら真っ逆さまなんてことになりかねない。今日死ぬかもしれないと思った。

頂上にあるそのお店は、風情はなかったけど、そばはなかなか。

久しぶりの遠足。

« 町田康『東京飄然』読了 | トップページ | 結局、CD2枚だけ »

身辺雑事/独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37206/8614209

この記事へのトラックバック一覧です: 山の頂きでソバヤソバ〜ヤ:

« 町田康『東京飄然』読了 | トップページ | 結局、CD2枚だけ »