« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月の13件の記事

2006年4月28日 (金)

噫、言葉の壁;アムステルダムにて

そもそも今回の旅行、当初はパッケージツアーを申し込んでいた。なのに申込者数が最低催行人数に達しないという理由で中止に。仕方なく、よそで見つけた別のツアーに申し込んだ次第。これは添乗員なし、宿や足だけ手配してくれるというもの。そりゃ1人からできるわな。

しかし、英語も満足に話せないのに、添乗員なしで大丈夫なんだろうかというのが心配事の最たるものだった。奥様はこれまでに3度の海外旅行を経験しているし、何とかなるだろうという気もしていたけど。

つまづきました、はい。飛行機を乗り換えた、オランダ、アムステルダムはスキポール空港で。ヘルシンキ行きの飛行機に乗り換える際に出国審査があったのだけど、そこでパスポートとヘルシンキ行きの搭乗券を見せると、審査官のねーちゃんが尋ねてきた。

Why ○※&♪◆☆♯〜?

凍った。何を言ってるのか、聞き取れない。絶句しているとさらに訊いてきた。
ヘルシンキに行くんだろ?」「あんた一人か?」「つか、あんた日本語しかしゃべれないの?
「ヘルシンキに行きますよ…」「一人じゃないけど…」「日本語しかしゃべれません…」とは、一応、英語で言ってみる。
さらに、何かを見せろと言ってる。でも何を求めてるのかがわからない。
紙だよ、紙。」何やら手に書類を持って見せて、言っている。いや、別にそんな特別な書類は持ってないんですけど…。おかまいなしに早口でまくしたててくるし…。

で、あんたの連れはどこなのよ?
行きがかり上隣の列に並んでいた奥様を指すと、奥様が呼ばれた。
あんたは英語しゃべれるの?」「少しなら。」「%◇§$÷∀♂?(私には聴き取れなかった)」「観光ですが、何か?」
で、またさっきの何かを出せと言っている。これは奥様も判じかねたようで、大阪からの搭乗券の半券を見せてみるけど、違うみたい。

ヘルシンキ、アムステルダム、オオサカ!
ようやく、帰りの券を見せろと言っている事がわかり、これを見せてなんとか審査をパス。

英語もロクに話せないんなら、おとなしくFUJIYAMAでGEISHAとSUSHIでも食ってりゃいーんだ、YELLOW MONKEYはよー!
目がそう言ってた。

冷静になってりゃ、「もっとゆっくり喋ってちょんまげ」って言ってみたり、最悪、筆談に持ち込んだりできたんだろうけど、なにせ英語を使う最初の場面。これでその後はすっかり英語に及び腰になってしまったのでありました。

この後、ヘルシンキのホテルではフロントの人が初めから大変ゆっくり喋ってくれて、お役人と客商売の違いをひしひしと感じ。やれやれ。

にせ牛丼の言語ゲーム;飛行機にて

利用する飛行機は往きも帰りもKLMオランダ航空。ヘルシンキまで直通ではなくて、アムステルダムで乗り換え。しかも4時間待ち。がっくし。

飛行機が関西空港を発って少しするとおやつ(?)のスナック菓子が出てきたり、その後も何時間かおきに飲み物が配られたりして、びっくり。国際線って、こういうものなのか。

そして出てきました。夕食。鶏肉のパスタか牛丼を選べるというので牛丼をもらい、小さなプラスチック容器にかかったアルミ箔のふたを開けてみると…。これ、牛丼?

のってる肉は確かに牛肉。だけど、細切れではなくて、焼き肉にするような大きさ。細切りの玉ねぎやらパプリカやらも一緒にのっている。タレはまるで中華あんのように、とろみがあって甘酸っぱい。これ、牛丼じゃない。少なくとも日本人にとっては。

この時、配膳に回ってきた乗務員は日本人女性だったのだけど、彼女はどんな心境でこれを「牛丼」と呼んだのだろう。非日本人なら違和感なくこれを「牛丼」と呼ぶだろう、これが牛丼だと思っている(思う)だろうから。

日本人がこれを「牛丼」と呼ぶ時はどうか。まず、呼んでいる当人がこれが牛丼とは違うものだと思っている。その上で、相手が非日本人ならば、どうせ牛丼を知らないだろうからまあよかろうと思いつつ、これを「牛丼」と呼ぶ。相手が日本人ならば…「牛丼」の指すものが実は牛丼とは違うことをきっと理解する。それをわかっている上であえて「牛丼」と呼ばなくてはならない。むーん。こんなことを考えつつ、牛丼ではない「牛丼」を食すのだった。

その後も飲み物が何度も配られたり、軽食が出たり。不思議だったのが、その軽食のひとつ。なんと、アイスクリームとカップヌードルからいずれかを選ばせる(もちろん、断ったっていい)。これは一体…。

写真は帰りの飛行機で食べた「牛丼」。こちらは往きのものより牛丼らしかった。でもやっぱり違うよな。

060428_gyudon1_2060428_gyudon2

まだ実感が…

060428_departure

直前にヘルシンキ行きがあるのに、乗るのはアムステルダム行き。うくく。

2006年4月27日 (木)

遠い遠い遠いお空の下へ

連休の前2日と谷間谷間に休みを取って、旅行。行き先はフィンランドとスウェーデン。ノキアのお膝元ですわ、はは。新婚旅行ならぬ紙婚旅行ってことで。

今日は大阪に泊まって、明日日本をたつのだけど、まだ実感が湧かない。うむむ。
帰国は5/5。

ベースってことでひとつ

某M師がソプラノサックを購入。腰骨さんがアルトサックス&新しいトランペットを購入。おかしいっしょ。

と思ったけど、私だって学生のころにベース買ったりマンドリン買ったりしたもんな。当時はブズーキも欲しいとかなりマジで考えてたし。おんなじか。

それにしてもソプラノサックスはちょっと悔しい。管楽器を買う時、クラリネットにするかソプラノサックスにするかで迷ってたのよね。音域の広さからクラリネットを選んだわけで。

ほかに興味のある管楽器といえば、チューバ。低い音が好きなのかね。しかしチューバは高い。でかい。まあ、買うことはありませんな。

二楽器担当ってことなら、もう一本はベースってことでひとつ。だって、低音がぜんぜんいないじゃん。

2006年4月26日 (水)

スーツケースはまだ空

明日から旅行だというのに、ちんたらご飯食べたり、webを見ていたり。旅行ムードが全然盛り上がらないのは、な〜んでか。23時現在、スーツケースは空。

2006年4月24日 (月)

どこから来たのか、どこへ行くのか

山手線の車内に怪しげな二人連れ。派手な和服に白塗り。男性はちょんまげ、女性は日本髪。

もしや。

やっぱり。ふろしき包みの大きな円い荷物。あれはチンドン屋さん。電車で移動するんだぁ。ちょっと異様な風景。

チンドン屋さんって、どこからともなく練り歩いてきて、どこへともなく去ってゆくっていうイメージを持ってるもんで、なんか見ちゃいけないもんを見てしまったって感じ。例えばアレだ、物陰で頭を脱いで一服してるクマちゃんを見てしまったような。いや、そんなの見たことないけどさ。

新宿で降りていった。天気は下り坂の予報。どこでお仕事したのかな。

2006年4月23日 (日)

大結集

Automatorワークフローを作ろうとしていたら、どこで間違えたのか、ホーム以下のほとんどの画像ファイルが一つのフォルダに集まってしまった模様。分類していた写真が全部まぜこぜになったのはもちろんのこと、多分~/Library/以下のどっかにあったんだろう、なんかのGUI部品みたいな矢印ボタンやアイコンみたいなの、webブラウザのイメージキャッシュとおぼしきもの、もうぐちゃぐちゃ。写真はまあ、なんとか戻せるだろう、でも他のものはどっからきたのかわからない。Undoなんかできねーし。アプリケーションによくない影響があるんじゃなかろうかと、再起動がちと怖い。

2006年4月19日 (水)

近所の写真スタジオ

060419_photostudio心霊写真専門店…

2006年4月18日 (火)

入手困難

最近探しているのだけど、なかなか見つからないもの。


タイホー工業・メガネクリンビュー
昔見た、月の家円鏡の「メガネすっきり曇りなし」のコマーシャルを思い出して無性に欲しくなった。ほかにもメガネクリーナーはあるのに、これが欲しい。最近は使い切りのウエットティッシュみたいなのばっかりで。それにしても、ウィキペディアによれば私が小学校低学年の頃には橘家圓蔵を襲名しているってのに、私の中では今でも円鏡。なんでだ?ついでに、同世代の奥様はメガネクリンビューのコマーシャルを知らない。おかしい。
オルファ・マグネタッチ
磁石付きのタッチナイフ。10年以上前に買ったものがついに壊れてしまったので替えが欲しい。昔は白だの黒だのといった色だったのに、今じゃWindows XPのようなどぎつい色なのね。
どっちも昔は、スーパーの、あるいは文房具店のレジの近くなんかに当たり前のように置かれていたと記憶しているのだけど、見つからないんだな。マグネタッチは近所で見つけたダサい透明なやつで手を打っておくかな…。

2006年4月15日 (土)

植物活性剤の威力

060414_strawberry1二週間ほど前からワイルドストロベリーの様子がおかしい。水を欠かしたわけでもないのにグッタリして、というか、渇いた時とは明らかに違うしおれ方。植え替えのせい?土が合わなかった?肥料?いや、植え替えた後もしばらくは元気だったんだけど…。

ネットで調べていたら、名田植物園というお店の掲示板に似たような症状を見つけた。水のやり過ぎ、肥料のやり過ぎなどで根が弱って栄養を吸い上げられずにいるらしい。やっぱり植え替えのせいなのかなぁ。それまでロクに肥料を与えていなかったのに、植え替えを機にちゃんと肥料をあたえようとしたもんで。ともあれ、この店で売っている植物活性剤「ビタナール」を与えるようアドバイスされていたので、私もこれを使ってみることに。月曜日に注文して、一昨日の晩に到着。早速与えてみると…

060414_strawberry2翌日の晩には嘘のように蘇っていた!(写真はその翌朝、つまり今朝)

信じられん…

それにしても、ここの店長さん、メールの応対といい、商品についていた送り状(「ビタナールを使って植物たちを健やかに育ててください」と手書きのコメントつき)といい、とても感じの良さげなおじさまですよ。植物を愛してるんだなって感じ。

2006年4月14日 (金)

メガネを新調

このあいだ、奥様のメガネ購入に付き合ったら、いいメガネを見つけて私も欲しくなってしまいました。まあ、だいぶ前から新調しようとは思っていたのだけど。しばらくウダウダと迷って、土曜日に注文。本日できあがり。

060414_megane1眼鏡男子から

060414_megane2メガネ男子になった感じ?

あー、すいません。もう32です。男子じゃありません。

2006年4月 1日 (土)

お花見…

060401_sakura_1桜を見に千鳥ヶ淵へ。ものすごい人手で歩くのもままならない。お堀のボート乗り場には行列ができていて、二時間待ちだそうな。二時間待って乗りたいか、ボート?シートを広げて座れるような場所もなく、警備員が左側通行、押すな、立ち止まるなと声を上げている。桜の名所ってこんなんなん?人ごみに辟易した私たちは縁道を半分も歩かずに退散。うー。