« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の11件の記事

2006年8月27日 (日)

蟻さんじゃなくて阿梨さん

わかつきめぐみ用語の強化辞書

少女漫画作家、わかつきめぐみ先生の作品に登場する語句の入力を、効率的にできるようお手伝いするものなん。「ありさん」が「蟻さん」と変換されて泣きそうになったことがある人に、使ってほしいん。

だそうで。ATOK版、MS-IME版、ことえり版あり。

ことえり版を入れてみた。品詞がぜんぶ普通名詞になっているのがちと気になるけど、先のエントリーで「峰曽太」を変換するのに役に立ちました。はは。

わかつきめぐみ『ゆきのはなふる』

二三日前に、わかつきめぐみ『ゆきのはなふる』を購入。新刊が出ていたなんて知らんかった。しかも今度のは「主様」シリーズの集大成。こういうのが出るのを望んでいたわけですよ。「主様」はいろんな単行本に散在しちゃってるからね(連載じゃないから仕方ないんだけど)。

欲をいえば、「卵売り峰曽太の日常」が収録されていたらなーと思うところ。お山の話ではないけど、峰曽太は主様の手下なんだし、いいじゃん。とね。

2006年8月26日 (土)

メモ帳に光あれ(8/27追記)

NewNOTEPAD Proというメモ帳アプリ。初代NewNOTEPADの頃から長らく便利に使ってきたけどSpotlightには未対応。そこがちょっと不便に感じてきていて、しかも今後の対応もすぐには無理らしいので、乗り換えを検討。

Spotlightに対応したメモ帳ってことで探してみてるけど、なぜか日本人の作ったものが見つからないなー。探し方が悪いのかしらん。

とりあえずダウンロードしてみたもの。
Notae
9PAD
SlipBox
xPad
VoodooPad Lite
myNotes
Journler

漢字Talkを使っていた頃はテキストエディタやメーラーをあれこれ試したりしたもんだ。

8/27追記:
日本人が作ったもの、ありました。
MacNote2

2006年8月24日 (木)

あ、そう。

先週末、奥様と『太陽』を観たわけですが。

それからというもの「あ、そう」をいう相づちを打つと、なんだか変な気分。

また円い眼鏡をかけてみようかと思ってみたり。

ハエはどこへ行った

台所の生ゴミのせいで、ちっこいハエのようなものがぶんぶんと五月蝿い。文字通り。って、もう八月も終わりだけど。

仕方がないので一週間ほど前に捕獲器を購入、設置したわけですが、その途端、ハエをすっかり見なくなりました。どういうわけでしょう。ハエが捕れたから?中を覗いてみてもなんにもいない。はて。

実は本当に捕れていて、しかも中の薬剤のせいで跡形もなく溶解してしまった。んなこたぁないでしょう。

Where have all the flies gone?

2006年8月13日 (日)

人工無脳iTMSタン

060816_itmsiTMSの「Just For You」でついつい遊んでしまう。購入履歴から「これもいいよ」とチョイスしてくれるわけだけど、これが「あーなるほどね」と思うものやら「なんでやねんっ」と思うものやら。で、それに対して「すでに持っています」「とくに興味がない」とフィードバックする、あるいは買うことでまたチョイスが変わってくる。

なんか人工無脳の辞書を鍛えてるみたい。ただ、やればやるほど意外性が薄れてある意味面白みが減っていきそう。つーか、すでにその気配が。あんまり買ってないしな、わし。「これも持ってるぞ、そら、あれも」と教え込むこともできないし。じゃあできたらやるのかってーと、まあめんどくさいけどね。

コナミミュージック名作コレクション

なにげなくiTMSを見ていたら、「コナミミュージック名作コレクション」なんてのがありましたよ。ひょえ〜。

こういうのこそiTMSでやってほしかったわけですよ。昔のゲームの音楽はもうCDは廃盤、ヤフオクで中古盤にあり得ない値段がついている(買い手はつかない)なんてものも結構あるから。

アルバムが600円っていうのもいい。つーか、数秒の効果音1トラックでも150円しちゃうから、アルバムで買わざるを得ないんだが。サンダークロスはCDで持ってるのに、A-JAXの曲欲しさに「サンダークロス&A-JAX編」をアルバム買い。

「グラディウス&ツインビー編」もポチ。あはは。

ほかのメーカーでもこういうのやって欲しいわ。

2006年8月12日 (土)

部屋で吹く

屋外練習のお誘いはあったのだけど、今週はずっと体調が悪かったのでお休み。そうはいってもこれ以上楽器を吹かない期間を空けるのもどうかと思っていたら、昼から雷雨。あー、どのみち外での練習は無理だわ。

というわけでゴロゴロ、ザーザーの音に紛れて部屋で吹いちゃいました。外では運指表を広げづらいので、「がー、この音出せないっ」となることばかり、さしあたっては低いミ♭ですが、今日は運指表を確認。押さえ方が4種類もある…。

これで「蒲田行進曲」が吹けますわ。はは。

しかしいくら外がうるさいからっていっても、やっぱり気兼ねして思いっきり吹けません。

2006年8月 6日 (日)

役に立たなくてすいませんねー

「ココログ」にアクセス解析なんて機能がついてることに初めて気づいた。別にアクセス数がどうこうとか、どうでもいいから気づかなかったんだろう。そんな自意識強くないつもりだし。だいたい、時間帯別のアクセス数とか、滞在時間とかページ移動パターンとか、そんなの仕事だけでたくさん。

ただ、検索サイト(Google/Yahoo!/MSN)からのアクセスについてそのときの検索語句を集計しているのが面白かった。

トップ10
集計対象期間:2006年5月1日(月) ~ 2006年8月5日(土)
集計対象アクセス数:456
1位 ソプラノサックス 76件 16.7%
2位 mandocaster 8件 1.8%
3位 ソプラノサックスとクラリネット 7件 1.5%
3位 DC12allergy 7件 1.5%
5位 魔法使いサリー 5件 1.1%
5位 くうきれい 5件 1.1%
7位 サックス 音が出ない 4件 0.9%
7位 ビタナール 4件 0.9%
7位 ソプラノサックス 運指表 4件 0.9%
7位 個人の趣味の問題だ 4件 0.9%

ソプラノサックスが三つも。なのにここで書いてることといえば、「夢の中では楽勝で吹けた」だの「実際にはロクに音が出せなかった」だのといったしょーもないことばかり。はは。

ほかにも楽器がらみでは「アルトサックス 運指表」「チューバ 運指表」「フレンチホルン 運指表」「ユーフォニウム 運指表」など、管楽器名と「運指表」の組み合わせがちらほら。すいませんねー、役に立たなくて。

こうやって書くことでヒット率が上がって、がっかりする人が増えちゃったりするんでしょうか。

「褐斑病は葉を枯らすのです」「ナオコお婆ちゃんの縁側日記」「STYX ドモアリガト」「ミラーマン オリョ」「円鏡 メガネ クリーナー」…まあいいや。

それにしてもこの解析をちゃんと使わせるつもりなら印刷用ページなんて用意するよりCSVかなんかで書き出してくれた方がいいんじゃないかと思うのだけど。

こんな検索語句も。「一番難しい楽器」…そういうのはないでしょ。

2006年8月 5日 (土)

不見転の新兵器

060805_studio本日はスタジオで練習。いや、よかったわ、屋内で。暑い。

先に楽器店へ行って、リガチャを購入。セールのワゴンにマウスピースがあった(パッケージ破損のため半額)ので、こちらもつい。本当は試奏して決めるべきところなんだけど。

さてスタジオ。新旧のマウスピースとリガチャを取っ替え引っ替えしながら音を出してみる。新しいマウスピースは音を出しづらくて、さすがにちょっと早まったかと思ったものの、今までのマウスピースがどんな音だったかというのがわかった感じ。慣れればこっちの方が好きになるか、そうでなくとも「次はこういうのが欲しい」というのがはっきりしてくるんじゃないか。

本日のメンバー(写真左から)。
腰骨さん:トランペット、トロンボーン、アルトサックス←買い過ぎ
祐弥さん:トランペット
M師:トロンボーン
タカジョイさん:テナーサックス、ティンホイッスル
(写真外)Module R:クラリネット

スタジオを出てから軽く食事して、その後に近くの河原で小一時間練習。サボってばかりだったから、こうやってまただんだん慣れていかないと。

ユキヒロのビデオ

ちょっと前の話だけど、ライブ『BOYS WILL BE BOYS』、川崎徹とのコラボレーション『新青年』がDVD化。買いました。

『BOYS WILL BE BOYS』:テープを使っているとはいえ、ちょっとライブっぽさが薄過ぎないかあ〜?と思っていたら、副音声のコメントで納得。ハジメの演奏を観て、M師のソプラノサックスを断ったことがちょっぴり悔やまれたりして。

『新青年』:ライブ以外のアレは、80年代には面白かったのか?ライブは『BOYS WILL〜』よりもバンドっぽくて好き。リッケン弾くハジメ、かっこえー。ユキヒロもどうせ弾く振りするならこのくらいすればいいのになー。

これらと同時にリイシューされたCDとともに点数券がついていて、あつめて応募すると写真集がもらえるとかなんとかいうよくあるアレがあり、アルファ商法のにおいを感じさせる(笑

このところ、ほかにもアルファ時代のYMO周辺のリイシューを繰り出してきているので、ぜひ出してほしい。『YEN卒業記念ビデオ』を。