« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の10件の記事

2006年12月30日 (土)

本日より佐賀

061230_higashikaratsu
奥様の実家で新年を迎えます。1月2日まで。

PowerBook、故障

一週間ほど前からかフリーズが頻繁に起こるようになっていた。この二三日、動作が異常に遅く、虹色ホイールが、ディスクアクセスが頻繁に発生。

不審に思ってアクティビティモニタを見てみると、メモリの空きがほとんどない。つーか、よく見たら総容量がたったの256MB。1.25GB(1GB + 256MB)あったはずなのに!そりゃスワップしまくりで遅くなるわ。

メモリを挿し直して再起動したところ、今度は1.25GB。やれやれ装着不良かと思いきや、しばらく使ううちにフリーズ。再起動すると256MB。すわ、メモリ不良か。念のため二枚のメモリを入れ替えて起動。1.25GB。しかしやっぱり、ほどなくフリーズ。再起動、今度は1GB。

これはつまり、PowerBookの故障。修理に出したらロジックボード交換か。修理屋が止まるこの時期に。とりあえずはこのまま年越しだな。1GB認識してりゃ問題ない。

2006年、最も気に入ったアルバム

買った時に書きそびれていたので、今年の総括として。

I Am Robot and Proud『The Electricity In Your House Wants to Sing』
iTunes Storeの「Just for You」に選ばれていたのだけど、まずジャケットがいい。ユニット名がいい。アルバム名もいい。試聴。大当たり。アルバム買いしたのに後からCDも買っちゃいましたよ。

エレクトロニカって言われるような音楽って、なんか無機質な音がジージーとかチリチリとか鳴っているようなイメージで取っ付きにくさを感じていたのだけど、これは可愛らしい音が転がったり弾んだりしていて気持ちがいい。

こじゃれたインテリアみたいな音楽。晴れの日にも雨の日にもよく合う感じ。部屋で聴いても外で聴いてもいい。とりとめなく書いてるけど。

あんまり気に入ったので旧譜も購入、こちらもいい。

2006年、最も多く再生した曲

スマートプレイリストで今年リリースの曲を抽出、再生回数でソート。iTunesでこんなふうに聴いた音楽を総括できるなんて面白いね。今ごろ気づいたかって気もするけど。

さて、再生回数トップは…
マイコン兄弟「恋はクエスチョン」113回。
確かに気に入って繰り返し聴いたけど、今年のトップになるとは。しかも、今年どころか、ライブラリ全体の中でもトップだった。

次点、
木村カエラ「TREE CLIMBERS」84回。

あとは主にアルバム単位で繰り返し聴いたものなんで割愛。

キグルミ「たらこ・たらこ・たらこ」が11回ってのは意外と少ないな。さんざん聴いたような気がしてたけど、これは脳内再生ばかりが多かったってことか。

そのたらこよりもずっと後、っつーか、一昨日ダウンロードしたばかりの平沢進「白虎野の娘」(映画『パプリカ』主題歌)がすでに19回。

2006年12月29日 (金)

仕事納め

7月からの新規業務開始から半年、無事に年末を迎えることができました。はーやれやれ。ひとまず。

2006年12月23日 (土)

テアトル新宿2本立て

立て続けに観てきました。

パプリカ
主人公の声以外は満足。印象に残ったのは、開発資材の廃棄を余儀なくされる時田がさらっと吐く「また作ればいいさ」という言葉。この執着のなさ。二十歳前後くらいの頃はこういうのに憧れたもんだ。
それにしても、この異様なイメージを喚起した原作がどんなものなのか気になる。読んでみようかな…。原作を知ってる人はこのアニメ化をどう思うんだろう。
平沢進の映画音楽って初めて聴いたんだけど、まんまソロ作品みたいなのね。

MOONRIDERS THE MOVIE マニアの受難
メンバー自身の語りはこれまで雑誌インタビューなんか何度も語られたところと結構重なるので、前半はちょっと退屈。歴代ディレクターが語る売らんがための困難は聞き応えがあった。特に後半の活動再開の辺りなんかもう。ディレクター氏と慶一の言葉が交互に切り貼りされてるところなんか、二人で論争してるみたいでちょっとはらはらした。
先にサントラ盤を聴いていたので、細切れのライブ映像は物足りない。映画もそのうちDVD化されるんだろうけど、この記念ライブもDVD化を切に願う。って、これは思うつぼにはまってるってことなのかな。

2006年12月22日 (金)

ポチっとな!

リンク: AssistOn / 自爆ボタン "DX-USB2.0 Hub".

面白いけど、音がでるんじゃなぁ。
押したくても押せない状況が繰り返されてよけいにフラストレーションがたまりそうだ。

2006年12月17日 (日)

吹奏楽の演奏会

知人が所属する吹奏楽団の定期演奏会。くぃっくぃっと腰の動きが何とも言えない指揮者と、緊張して手がぷるぷる震えていたクラリネットのソリストに目を奪われました。はは。

巧いというわけではないけど、楽しそうにやってるのはいいもんだなぁ。毎度のことながら、人の演奏を観ると自分も練習しようと思うわけだけど、そういや今年、何回練習したっけ…

こんなちょっとした外出でもくたくたになってしまう今日この頃。いかんな。

2006年12月11日 (月)

映画の予習『マニアの受難』

MOONRIDERS THE MOVIE Original Sound Track 『PASSION MANIACS マニアの受難』

先週ようやく購入。近場のレコード屋を二三件探しても見つからずにイライラしていたところ、会社の近くの電気店で奇跡的に発見、保護。いや、Amazonで買えばいいじゃないかと言われればそうなのだけど、なんだかそれには敗北感を憶えるわけですよ。ちょっと足を伸ばして渋谷や新宿に行けば間違いなく買えるんだから。そうかといって渋谷も新宿も会社帰りにふらっと寄ったりするには不便なもんで、うだうだと。

さて映画のサントラつーか、映画のモチーフになった30周年記念ライブのCD。一番気に入ったのは、一曲目、

べれれーん…ぼぼん…ぷゎふ……「OK。こんちはっ!」

ライブ冒頭とおぼしきこの慶一の挨拶。私の中ではムーンライダーズは完全にレコーディンググループでライブにはあまり興味がなかったのだけど、これを聴いてライブをちょっと観たくなった。ライブっていいなあ。

ミュージックマガジンのムックも買っちゃったり、このところ聴いているのはムーンライダーズばっかりだったりと、映画の予習中。

2006年12月 1日 (金)

a社と同等のプラン

今さらながら、ソフトバンクモバイルの新料金プラン。ちっとも興味はなかったのだけど、電話の使い方や選ぶプランによっては旧プランよりも費用を抑えられるらしい。

既存ユーザが新プランを話題にするとき、その的になるのはもっぱらオレンジプランのようで、こんなWikiもある。

試算してみたら私も1000円くらい安くできそう。「自分割引」の2年縛りなんか気にしない。そんなわけで今月からオレンジプランに変更。さてさて。

それにしてもソフトバンクの言う「a社」「D社」ってのがとっても気になる。どっちも社名のイニシャルじゃないじゃん。なんてのもあちこちで散々言われてるんだろうけどさ。