« ノストラサイトとTVゲーム占い | トップページ | 壊れかけのPowerBook、その後 »

2007年1月 3日 (水)

各地の銘菓

M師から吹き初めに誘われていたのだけど、屋外はキツいので、反省しない反省会から参加。楽器は吹いてません。ヘタレです、はい。

福岡銘菓「ひよ子」を頒布(行ってきたのは佐賀なんだけど…)。九州のベタなお土産だと思ってたけど、案外そうと知られていなかった。まあ、訴訟沙汰になるほど類似品(14都県25社だって!)があるから、もはやどれが「元祖」かなんてわからんよな。

てな話から有明製菓「ハーバー」とか亀屋万年堂の「ナボナ」といったお菓子の話で微かに盛り上がる。

ナボナといえば誰もが知ってるお菓子のホームラン王と思っていたら、佐賀出身の奥様はちいとも知らず、軽い衝撃を受けたことがありました。という話をしたら、なんと兵庫出身の腰骨さんも知らなかったとか。東京ローカルとはいえコマーシャルは王貞治出演ですよ。それなりに、例えば「萩の月」くらい知名度あると思ってたのに。そうだったのか…。もしかして、萩の月も私が思ってるほどの知名度ではないの?「かもめの玉子」は?「白い恋人」は?

そしてハーバーが横浜ローカルだということを今日祐弥さんから聞いて知り…。

« ノストラサイトとTVゲーム占い | トップページ | 壊れかけのPowerBook、その後 »

身辺雑事/独り言」カテゴリの記事

コメント

 兵庫出身の腰骨です。
 ギャグマンガなどで登場人物が「ナボナはお菓子の…」なんてセリフを言ってて、だから知識として「そう云うCMがある、らしい」と云うのは知ってたんだけど、いかんせん実物を見た事がなかったもので。

 同様に「♪セブンイレブン いい気分♪」と云うあのジングル、フレーズは知ってたけどメロディを全然知らなかったので、上京して初めて聴いた時はちょっとカンドーでした。

正直に言おう。私が以前から知っていたのはひよこと白い恋人だけだ。
ナボナは世田谷に住んでいた時に田園都市線の車内広告で知った。萩の月・かもめの玉子は、仙台に牛タン旅行に行ったときに初めて知った。
ハーバーてなんやねん。今の今まで知らんかったわ!

博多には通常の5羽分の「大きなひよこ」がいるんですよね。
一度買ってみたいと思っています。
九州には何年も足を踏み入れていませんが。

鳥取にはひよこもどきの「因幡の白うさぎ」とパッケージまで鳩サブレそっくりの「因幡の白うさぎサブレ」がありました。
北海道の「タンチョウヅルの玉子」は大きかったけれどスポンジが粗くてやっぱり「鴎の玉子」が一番だと思いました。
萩の月の紛い物はどこの月だったっけ。
白い恋人っぽいものを日光あたりで買ったのは何という名前だったか・・・でも、白い恋人よりチョコが厚くて美味しかったです。

実は、ハーバーは私も知りません。。。
神奈川県民だったのに、しかも横浜市民経験もあるというのに。
すみません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37206/13324696

この記事へのトラックバック一覧です: 各地の銘菓:

« ノストラサイトとTVゲーム占い | トップページ | 壊れかけのPowerBook、その後 »