« 小バエの季節 | トップページ | ギャラクシーフォースII&サンダーブレード オリジナルサウンドトラック »

2007年7月26日 (木)

あけてくれ!

情けない話、鍵を忘れて外出することがしばしばあります。
実家にいた時も、結婚してからも。

家に自分しかいない時は施錠するのでそんなことはないのですが、親なり奥様なりがいたりすると忘れるわけです。
でもって、帰ってくると施錠されていて家に入れない、と。電話をかけて開けてもらったことが何度もありました。時には夜中に。

本日もやってしまいました。しかも本日から奥様は帰省。帰宅は日曜日。管理会社に電話をかけても「本日の営業は終了いたしました…」

あけてくれ!

というわけで、錠前業者を呼んでしまいました。

携帯電話で業者を調べて電話。しかし、やる気なさそうに出たおじさんは、この時間その場所には行けないというつれない返事。24時間365日どこでも出張って書いてあるじゃん!
仕方がないので二件目。こちらはコールセンター然とした若い男性の素早い応対で、一時間後には来てくれるとのこと。

いや、来ましたよ。ぴったり一時間で。すごいね。
お兄さん、鍵穴を見て「あー、やっぱり○○かぁ」と型名らしきものをつぶやきます。聞けば今時の錠はほとんどがピッキングできない型のもので、うちのもご多分に漏れずというわけ。

選択肢は特殊解錠か破壊。破壊は新しい錠への付け替えも含めて当初提示の五倍近い料金。そもそもだいたい、賃貸マンションで勝手に付け替えるわけにもゆかず、その特殊解錠とやらを試してもらうことに。

ものの三分もかからずに開きました。すごい。つーか、怖い。
道具さえあればたやすく開けられちゃいます。当然、こういう道具は所持そのものが法規制されているとのことではありますが、それにしても。そして、今回のような解錠を防ぐためのパーツもあるようで。まさにいたちごっこ。

助かったけど、なんか後味が悪い。

そういえば。
仕事柄、こういうお仕事の人がどんな風に呼び出されるかを知っています。
個人委託の職人さんなんかだったりすると、きっといつ呼び出されるかもしれず四六時中携帯電話を手放せない、呼び出しを逃したら仕事がなくなって大変!なんてことになってるかもしれません。

とりあえずしつこいくらいにお礼を言っておきました。こういうきつい仕事、お客からお礼を言われることが結構なモチベーションアップにつながってるんじゃないかなと思ったりして。

« 小バエの季節 | トップページ | ギャラクシーフォースII&サンダーブレード オリジナルサウンドトラック »

身辺雑事/独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37206/15911937

この記事へのトラックバック一覧です: あけてくれ!:

« 小バエの季節 | トップページ | ギャラクシーフォースII&サンダーブレード オリジナルサウンドトラック »