« 113グラム | トップページ | 判定5 »

2008年12月23日 (火)

N82でフォントをごにょる

FontRouter LTをインストールして、N73のときに作ったヒラギノ丸ゴPro(*1)をそのまま移植。すると、N73では気にならなかった不具合が発覚。その他覚え書き。

待ち受け画面にトーフorz
081223_n82standby00081223_n82standby01

左がデフォルトのHeiseiGothS60.ttf、右がヒラギノ丸ゴPro。以下同様。
N73のときにもどっかで出てはいたんだろうけど、気にならなかった。でも、さすがに待ち受けで常時これというのはちょっと。
U+00A0(NO-BREAK SPACE)のグリフが定義されていないのが原因。U+0020(SPACE)からコピペして解消。

検索にもトーフorz
081223_n82search00081223_n82search01

U+2011(NON-BREAKING HYPHEN)が未定義のため。U+002D(HYPHEN)からコピペ。

Handy Taskman
でのトーフ解消
081223_n82taskman00081223_n82taskman01

別ページがあることを示す左右の三角印がHeiseiGothS60.ttfでトーフになっていたもの。これはグリフ未定義のU+25BA(TRIAGRT)とU+25C4(TRIAGLF)を使っていることがわかった(*2)ので、それぞれU+25B6とU+25C0からコピペ。

ヒラギノ丸ゴProを使ったことで思いがけず得たメリット。
081223_n82sms00081223_n82sms01

HeiseiGothS60.ttfでは未定義のU+203C(EXCLAMDBL)がヒラギノ丸ゴProにはあるので、SMS等に使われてもトーフにならずに表示される。

参考ページ
*1:ヒラギノ丸ゴProの移植について
JAM LOG:NOKIA N73/705NK 覚え書き:フォント弄り(その3)
Softbank 705NK Wiki - フォント置き換え

*2:Handy Taskmanでトーフ化した左右向き三角について
こばこのひみつ:新バージョンv1.10.00の+JでE61i復活
ここで配布されているフォントのRead Meに書かれていた。

« 113グラム | トップページ | 判定5 »

Nokia」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37206/43502870

この記事へのトラックバック一覧です: N82でフォントをごにょる:

« 113グラム | トップページ | 判定5 »