« ドラミちゃんの趣味が渋すぎる件について | トップページ | Musician Bass30周年 »

2009年9月 4日 (金)

『童貞放浪記』を観た

30歳にして童貞であることにやたらと劣等感を募らせている主人公・金井にイラつき、好きになった女性・北島といい感じになっていく過程に共感し、交際が進んでいよいよかという段階になってからくるくると態度を翻す北島にさらにイラつき、最終的に失恋の原因を自分の童貞に帰着させる金井に呆れた。

奥様もだいたい似たような感想をもったみたいだけど、登場人物に対するいらつきの度合いが私(北島>金井)とは逆らしいのは、やっぱり男女の違いなのかと思った。

とかなんとか言っても、恋に恋する男子だったので、せつない映画だった。

映画『童貞放浪記』公式サイト

« ドラミちゃんの趣味が渋すぎる件について | トップページ | Musician Bass30周年 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37206/46132512

この記事へのトラックバック一覧です: 『童貞放浪記』を観た:

« ドラミちゃんの趣味が渋すぎる件について | トップページ | Musician Bass30周年 »