« 次の『大人の科学マガジン』はエレキ | トップページ | JUNO-60の故障 »

2009年11月21日 (土)

JUNO姉妹

2009112_juno_2ヤフオクでRoland JUNO-6のジャンクを落札。本日到着。一部のパーツがJUNO-60と共通なので、パーツ取り用として。いくつかのスイッチつまみがなくなってるけど、問題ない。パーツ取り用だから。

「音は出るけどノイズが乗っている」とのことで、実際に音出ししてみると確かにノイズ混じり。NOISEスライダーが目一杯上がってたからこれを下げると、ノイズは止んだ。出品者が無知なだけだった(いわゆるリサイクルショップみたいだった)、ラッキー。

と思ったのも束の間、VCFのFREQをしぼると、今度はカットオフ周波数が一定せずにプチプチ上下してパルスノイズが混じったような音になる。これのことだったのか、しくじったか…。あら、30分ばかり通電していたらこれもなくなった。暖機運転が必要だったんだろうか。JUNO-60では経験したことがないんだが。

ノイズジェネレータの出力がやけに小さい気がするとか、半数以上のボリュームにガリが出るとかいった問題はあるけど、とりあえず欲しいのはCPUボードだ。なにせパーツ取り用だから。

« 次の『大人の科学マガジン』はエレキ | トップページ | JUNO-60の故障 »

楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37206/46824692

この記事へのトラックバック一覧です: JUNO姉妹:

« 次の『大人の科学マガジン』はエレキ | トップページ | JUNO-60の故障 »