« 復活のMC924 | トップページ | さよならHMV渋谷 »

2010年8月14日 (土)

未来と花火とエグザイル

20100814471ドラえもんの科学みらい展を観に日本科学未来館へ行ってきた。サイバーダインのHALを観たとき、もうテレビで動いているところを何度も観ているのに、そして展示物はマネキンに着けているだけの動かないもので、モックアップかもしれないのに、なんだかジンときてしまった。そのほかにも、相づちを打ちながら人と話をするロビスケのデモ映像や、カプセル内視鏡など、いくつかの展示物で涙が出そうになったのはなんでだろう。

ブレイン・マシン・インターフェイスのデモとして、ヘッドセットを取り付けて画面に映されたモザイク状の画像を見て意識を集中させていくと、モザイクが細かくなっていき鮮明な画像になっていくというのがあった。見ていると、子供はわりとすぐに鮮明になるけど年配の人は時間がかかったり、いつまでも粗いモザイクのままだったりすることが多いようだった。私もやってみたところ、全然ダメ。ほんの少しもモザイクは変わらず時間切れになってしまった。まだまだ念じ方の足りない若輩者だった。

20100814478行きの電車に乗ってから知ったのだけど、今日は東京湾大華火祭の日で、台場は大変な人出だった。展示会場を出るころには花火の打ち上げがもう始まっていて、歩道で、商業ビル周辺のペデストリアルデッキで、駅の通路で、立ち止まって見物する人多数。夕食をとって帰るころには、花火が終わって食事をとろうとする人がビルに続々と。帰る人たちが駅に続々と。

そして帰り、JR新宿駅に着いたら、ホームにエグザイルのTシャツを着てエグザイルのタオルを首からかけた若者がウヨウヨ。どっかでイベントがあったその帰りということは察しがつくけど、すごいね。みんなこの恰好で集まったんだね。とか思いながら京王線乗り場に向かっていたら、なんと連中、京王線から乗り換えてきてた。味の素スタジアムでやってたらしい。下り列車の窓からすれ違う上り列車を見ると、どの便もエグザイルな若者たちがひしめき合い。飛田給駅は大変なことになってたんだろうな。

« 復活のMC924 | トップページ | さよならHMV渋谷 »

文化・芸術」カテゴリの記事

身辺雑事/独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37206/49151337

この記事へのトラックバック一覧です: 未来と花火とエグザイル:

« 復活のMC924 | トップページ | さよならHMV渋谷 »