« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の6件の記事

2010年11月22日 (月)

水陸両用モビルスーツBOOK

ジムBOOKに続いて水陸両用モビルスーツですよ。これまた表紙に釣られて買ってしまった。ズゴックかっこいいよ。口絵のズゴック、ゴッグもいいんだけど、アッガイは設定画とかアニメからのスチルしかないのが寂しい。

株式会社双葉社 | モビルスーツ全集 2 水陸両用モビルスーツBOOK(モビルスーツゼンシュウ スイリクリョウヨウモビルスーツブック) | ISBN:978-4-575-46454-2

2010年11月20日 (土)

お隣さんとリアルおっさん

日ごろ、自分で自分のことをおっさんと称している三十台後半の私だけど、本当は認めてるわけじゃない。会社では若く見えるとしばしば言われることがそれを補強してるようにも思う。

二、三ヶ月ほど前にご主人の中国転勤のために手放された隣家。二週間ほど前から「売出中」ののぼりがなくなっていたと思っていたら、今日、新しいお隣さんが挨拶に来た。夫婦と二人の女の子。ご主人が話を始める前から下の子が屈託のない笑顔で挨拶の品を手渡そうとしていたのが可愛らしかった。来週引っ越してくという。

で。
たぶんご夫婦には私たちは若く見えたんじゃないかと思う。自分で言うのもアレだけど(ちなみにうちの反対側の隣はさらに若い)。でも、この子らから見たら確実に私は「おじちゃん」だろう。隣の隣のお宅にも二人の子供がいて、休日にはよその親子が集まっていることがよくある。中からたくさんの子供の声がきゃっきゃと聞こえてくると、やっぱり同じようなことを考える。

考えるってことは、本当は認めてない(むしろ認めたくない?)んだと思う。

2010年11月18日 (木)

「MUSICO」サービス終了

Amazon MP3が始まっただの、iTunes StoreでTHE BEATLESが配信されただのと沸いてるネット音楽配信ですが。

MUSICO | パソコン向け音楽配信サイト「MUSICO」のサービス終了に関するお知らせ

ウルトラ関係のMP3を数曲買っただけですが、WMAはPCのリカバリでライセンスが失効するとかあんまりな。ほかの同種のサービスも終わっちゃったらDRMつきファイルはこういうことになるわけだよな、きっと。やっぱ買えるものはCDで買いたいと改めて思うオールドタイプな私。

2010年11月13日 (土)

Wink脳内remix

たまに無性にWInkを聴きたくなることがある。ちょうどHMV ONLINEでマルチバイセールをやっていたのと、ポイントがそこそ貯まっていたのとで、CDとDVDを買ってしまった。YouTubeでビデオクリップ観てたらDVDも欲しくなって、CDのみならず。

テレビの歌番組とかでしか聴いたことがなくて、改めてちゃんと聴くと、特にはじめのころの曲なんか、ボーカルにリバーブがかかりまくってリズムもペラペラな感じで全体的にブヨブヨした音。こんなだったっけ。もうちょっとリズムは締まりのある音かと思ってた。頭の中で流れるときのリズムトラックは909系の音だったんだけど。記憶の中で勝手にリミックスされてたようだ。

  • Treasure Collection 主なシングル曲を集めたベスト盤。シングル全曲収録の2枚組なんてのもあるみたいだけど、歌番組で観てただけの「わー懐かしー」くらいの私にはちょうどいい。
  • Wink Visual Memories 1988-1996 シングル曲のPVをほぼ全曲収録。結構知らない曲もある。

2010年11月 7日 (日)

腰骨さんが来た!

うちの奥様の17-inch iMac G5がだいぶ前から起動不能になっていて。そのしばらく後から腰骨さんの17-inch iMac G5もだいぶ前から起動不能になっていて。うちの方はすでにiMac (21.5-inch, Late 2009)に買い替えていたので、うちのiMac G5と腰骨さんのをニコイチしてを復活させられないかということになり。

それぞれの都合で延び延びになってしまっていたのだけど、本日ようやく腰骨さんに引き渡し。取りに来ていただいた。実は家族以外の人を招いたのは腰骨さんが最初。ちょいとあがっていただいて、お茶飲みつつ小一時間ばかり話をしたりして。

チョイノリで来たから帰りがちょっと心配だったけど、無事に帰還されて一安心。あとはニコイチの成功を祈るばかりだけど、まだ先になりそう…。

2010年11月 3日 (水)

pupa Live Tour 2010 "dreaming 6 pupas"

奥様と一緒に観に行った。チケットを取るときには結構気合い入れてたし、神秘的なオープニングがかなりいい感じだったのだけど…途中、結構うとうとしてしまった。

なんというか、いま私が観たいのがいわゆる「バンド」の演奏だったからなのかな。なんかちょっといまの気分にマッチしなかった感じ。
大阪公演がすごくよかったようにつぶやかれていたことに、なんか期待が変なほうにいってたのかもしれない。

照明がよかった。堀江さんの演奏が熱かった。知世ちゃんがギターを持ったのには結構驚いたけど、歪みまくったノイズを少し出しただけでちょと残念。
東京の客がおとなしかったのか、ユキヒロさんは「盛り上がっていいんだよ」と何度も言っていて、それに引いてしまったところもあるか。アンコールに至っては立たされたし(曲が『MURDERED BY THE MUSIC』だったからよかったけど。とか思っちゃうあたりも私が入り込めてなかったんだなとか)。

東京国際フォーラムホールCだったんだけど、追加公演の方が箱も小さくてオール・スタンディングであるぶん盛り上がったりするんだろうか。なんかモヤモヤ。

ミキサー席にノートPCが4台も置かれていたり、コンソールに大きなタッチパネルがいくつも付いていたりするのに時代を感じた。

そういえば、ホールAではなんとALI PROJECTのライブ。ゴスロリ姿の女の子を周辺でよく見かけたのはこのせいか。