« 東北旅行一日目:猊鼻渓舟下り〜鉛温泉 | トップページ | 東北旅行三日目:達谷窟毘沙門堂〜厳美渓 »

2011年4月30日 (土)

東北旅行二日目:北上展勝地〜毛越寺〜中尊寺〜奥州平泉温泉

藤三旅館をチェックアウトしたら、花巻駅に出て電車で北上へ。さくらまつりを開催中の北上展勝地は桜が満開。東京ではタイミングを逸して花見らしい花見をしていなかったので、桜並木の下をぶらぶらしているだけで大変満足。脳内BGMがザバダックの「桜」だったのは言うまでもない。

祭りらしく公園には露店が多数。その中に「納豆焼きそば」なる面妖なものが。買ってみたけど、ふつーのソース焼きそばだった。確かに納豆が入っているけど、ほんのりそんなにおいがするくらい。納豆嫌いな私が食べられるくらいふつー。猿回しも来てた。

展勝地を後にしようとするころに雨が降り始めた。北上〜平泉と移動してさてどうしようかと。妻のプランでは達谷窟毘沙門堂を見学することになっていたのだけど、毛越寺、中尊寺を見学して宿へ行くことに。というのも、次の宿から連絡があって、被災者だか復興関係者だかの受入れで部屋が予定のチェックイン時刻に空かないとのことで時間に余裕ができたから。

というわけで、毛越寺。平泉駅からバスですぐ。雨のせいで浄土庭園の緑の美しさを堪能しきれなかったように思う。晴天のもとで満開の桜を観た直後だからなおさらそんな感じがするのかも。そうはいっても、昔、姫神(初代)が「浄土庭園コンサート」ってやっていたのはここだったと知って、ちょっとした感慨もあり。『ZIPANG』までは好きだったんで。

毛越寺から中尊寺までもバスで楽に行ける。といっても、参道が結構長い。長いのだけど、雨が降ったりやんだりして微妙な空模様のした長い長い杉並木を歩いて奥へ入ってゆくのはちょっと神秘的な雰囲気だった。昔の切手で絵だけ見ていた金色堂。意外と小さかったというのが率直な感想。この金色堂を覆う「覆堂」くらいの大きさかと思ってた。

中尊寺から旅館まではタクシーを使ったのだけど、「もしかして、観光の方ですか?」と運転手さん。中尊寺から呼んで観光客意外になにがあるという感じではあるのだけど、震災以来観光客がさっぱり来なくなってしまったようで、観光客を乗せて運転するのは本当に久しぶりだと言っていた。中尊寺前の駐車場に面した店舗の数々は営業していなかったというし、そういえば、昨日泊まった旅館も一時全予約がキャンセルされたと聞いた。観光への影響は小さくなかったんだと改めて思った。

今日の宿はそば庵しづか亭。到着時点でまだ部屋は空いておらず、荷物を預けたら早速入浴(雨降りで寒かったし)、そして食堂で食事。そば庵を謳うだけあってそばがおいしかった。私たちはなんというか、旅館の夕食をいただいているわけだけど、まだ人のいないよそのテーブルはどう見ても定食屋のトンカツ定食だろうという膳立てだった。もしかして件の震災関連の方々の席なんだろうか。そう、重油の供給を思うように受けられず、入浴時間も制限しているとのことだった。

« 東北旅行一日目:猊鼻渓舟下り〜鉛温泉 | トップページ | 東北旅行三日目:達谷窟毘沙門堂〜厳美渓 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37206/51556144

この記事へのトラックバック一覧です: 東北旅行二日目:北上展勝地〜毛越寺〜中尊寺〜奥州平泉温泉:

« 東北旅行一日目:猊鼻渓舟下り〜鉛温泉 | トップページ | 東北旅行三日目:達谷窟毘沙門堂〜厳美渓 »