« 東北旅行三日目:達谷窟毘沙門堂〜厳美渓 | トップページ | デジカメ欲しい熱、再燃 »

2011年5月27日 (金)

東郷青児とデザイン展

損保ジャパン東郷青児美術館の『東郷青児とデザイン展』が29日で終わってしまう。次の土日は出勤なので、今日行かないとアウト。昨日に続いて眠くてだるくて体が重いところを、美容室を予約した勢いで観に行ってきた。

この美術館、安田火災のころから知っていたのに、なんで今まで行ってなかったんだろう。いつも東郷青児メインってわけでもないだろうし、近いからいつでも行けると思ってたところがあったかも。

損保ジャパンの本社ビルにあるので、まずこのエントランスに入ることになり、すごく変な感じ。間違って入っちゃったみたいな。そして脇の方にある通路から専用エレベーターで美術館の階まで昇っていくと。美術館もビルの1フロアで凝った作りはしてないから、素っ気ない感じすらする。なんというか、新鮮。

『ピエロ』『コントラバスを弾く』『鳥と少女』の実物を観られて満足。初めて観た『花炎』の鮮烈さ、左に挙げたような静かな、あるいはクールな絵を描く人というイメージを持っていたので、意外な感じで驚いた。好きとか言いつつあんまり知らなかったもんで。

今回の目玉であろう、雑誌の表紙やノベルティのためデザインものは、大半は製品になったものの展示。こういうものは原画って残されないもんなんだろうな。製品が残ってるだけでもすごいことだろう。雑誌の表紙は複製のスクラップが展示されていて、週刊朝日の表紙に気に入ったのがあったのだけど、こういうのも現物や原画はないんだろうな。洋菓子店の包み紙も愛らしくてよかった。

そもそも予定していた企画展が震災の影響でできなくなって、秋に予定していたこの展示を急遽前倒したらしい。だからなのか、この展示の図録はなし。あの週刊朝日の表紙、欲しいんだけど…。美術館の図録はあるけど写真が小さくていまいち。デザイン関連のものも当然載ってはおらず。それとは別に作品集、素描集の2冊、絵はがき数点を購入。

東郷青児を知るきっかけになった『サルタンバンク』は、東京国立近代美術館にあるそうで。
東郷青児: 絵画作品と所蔵美術館 - FishEyeArt

« 東北旅行三日目:達谷窟毘沙門堂〜厳美渓 | トップページ | デジカメ欲しい熱、再燃 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37206/51785533

この記事へのトラックバック一覧です: 東郷青児とデザイン展:

« 東北旅行三日目:達谷窟毘沙門堂〜厳美渓 | トップページ | デジカメ欲しい熱、再燃 »