« 東郷青児とデザイン展 | トップページ | いろいろなメモリーカード »

2011年6月 1日 (水)

デジカメ欲しい熱、再燃

このあいだの東北旅行は雨にたたられ、傘をさして水濡れをを心配しながら写真を撮ることになった。去年の高山も雨で、旅行後、防水仕様のカメラが欲しいなーと漠然と思っていたのだけど、改めて物欲再燃。なんか、防水・対衝撃で多少手荒に扱ってもオッケー、かつコンパクトな機種が結構あるようで。つーか、いま、いわゆるコンデジってずいぶん安いんですね。防水なんて言わなきゃ1万円くらいでだいぶよさげなのが買えちゃうじゃん。

そうは言っても、今持ってるPENTAX Optio 330が別に故障してるわけでもなく、なんだか買い替えをためらう気持ちもあり煩悶する今日この頃。Optio 330がわりかし気に入っているというのもあるのだけど、それとは別の、後ろめたいような感じ。携帯電話やMacは比較的気軽に買い替えてきたのに、なんだこの後ろめたさはと考えていたら、これは「カメラはぜいたく品」という子供のころの刷り込みのせいじゃないかと思えてきた。「『ドラえもん』でのび太のパパが月賦で買ったもの」というイメージ。実際、携帯電話やMacのような日用品じゃない、という点でもぜいたく品ではあるし。

Optio 330が発売された頃は、Canon IXY DIGITALがヒットして銀色でコンパクトなデジカメが雨後の筍のごとく出てきていた。その中でOptio 330はスペックが一段上で、値段もちょっと高めだったけど、一際上品に見えた外観で選んだ憶えがある。第一印象でほぼ決まりだったのに、値段がちょっと…とか、マニュアル機能なんかどうせ使わんよな…とかなんとかウダウダした揚げ句、結局これに落ち着いたという、私がモノを選ぶ時のお決まりのパターン。あれから十年も経ってたのか。

そんな感じで愛着もあったので、ここんとこカタログやら展示品やらを見つつも、やっぱりもうちょっと使った方がいいよなといじっていたら…

ホットピクセル発見orz

中央からやや上方と、その右上方の二ヶ所。暗い写真を原寸で見ない限り目立つものじゃない。今まで気づかなかったくらいなので、気にしなければそれで済むようにも思える。でも、見つけちゃったからには気になるわけで。

お告げだろうか。

« 東郷青児とデザイン展 | トップページ | いろいろなメモリーカード »

デジモノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37206/51826052

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ欲しい熱、再燃:

« 東郷青児とデザイン展 | トップページ | いろいろなメモリーカード »