« ゲルニカ30周年記念ボックス… | トップページ | 麻丘めぐみがYMOをカバーしてたなんて »

2012年3月28日 (水)

バス広告の意外な威力

土曜日の晩から痛かった首。凝りがひどくなったくらいにしか思っていなかったのが、翌朝起きた時から著しく悪化。ちょっと振り向いてみただけで、激痛。喋りながらだと、その瞬間、声も出なくなる。べそをかきそうなほどの痛みをこらえながら日曜日、月曜日を辛うじて乗り切り、昨日、近所の整形外科で受診。

その整形外科、うちから歩いて五分と、近所も近所なのだけど、その存在を思い出したのは毎日聞いてるバスの車内広告だった。

「…K整形外科はスーパーT前、Jメディカルビル1階です…」

聞くともなしに毎日耳に入っていてすり込まれていたらしい。このフレーズ思い出したもん。あなどり難し、バス広告。

レントゲン撮ったりして診断の結果、骨や椎間板には異常は見られず、いわゆる筋を違えた状態だろうとのこと。痛み止めの薬と貼り薬を処方された。必要というほどではないけど、欲しければカラーも出すと言われた。これは遠慮した。単に面倒くさそうという理由だけど、あえて着ければ、「具合悪いんだから面倒くさい仕事持ってこないでください」アピールになっただろうか。

« ゲルニカ30周年記念ボックス… | トップページ | 麻丘めぐみがYMOをカバーしてたなんて »

身辺雑事/独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37206/54334590

この記事へのトラックバック一覧です: バス広告の意外な威力:

« ゲルニカ30周年記念ボックス… | トップページ | 麻丘めぐみがYMOをカバーしてたなんて »