« 2012年8月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年1月の3件の記事

2013年1月18日 (金)

iTunesで曲のチェックマークをつけたり外したり

TVドラマのサントラCDなんかだと、iTunesで取り込みたいのはテーマ曲など若干数の曲だけということがしばしばある。

となると、あらかじめトラックリスト上で目的外の曲のチェックマークを外すことになるわけだが、これが実にめんどくさい。サントラは曲数が多い。そのほとんどの曲のチェックをちまちまとクリックして外すことになるからだ。

というわけで、選んだ曲のチェック有無を反転させるAppleScriptを書いてみた。


tell application "iTunes"
	set selectedTracks to selection
	repeat with currentItem in selectedTracks
		tell currentItem
			set enabled to not enabled
		end tell
	end repeat
end tell

ところが、実際書いて使ってから、トラックリスト上でのコンテクスト・メニューに「選択を解除」なんてのがあるのに気づいた。実行すると、チェックが外れるじゃん!

反対に、チェックのついていない曲では「選択した項目にチェックマークをつける」なんてのがメニューに現れ、実行すれば当然…。くそっ!

どのバージョンからあったんだろう。いま使ってるのはiTunes 10.7。前はこんなのなかったと思うんだけど。

まあ、これらのコマンドでは、まだらにチェックがついてたりついてなかったりする複数の曲をまとめていっぺんに反転させる、なんてことができない。そんなことをしたい時にこのスクリプトが役に立つ。けど、そんなことが必要なシチュエーションはたぶんない。

2013年1月11日 (金)

宅配CDレンタルを使ってみたら

TSUTAYA DISCASで宅配CDレンタルを使ってみたら、なんと歌詞カードがない!4枚全部だから、そういうものなんだろう。

CDDBから曲情報を取ればいいっちゃいいんだけど、間違ってることがあるし、作曲者名までは入ってなかったりする。ググって補完しようにも、特にコンピレーションだと一曲ずつググらなきゃいけなくて面倒なことこの上ない。今回は4枚中3枚がそんなコンピレーション orz

古いテレビ番組の主題歌コンピレーションなんかだと、聴きたい曲が1曲2曲、そのためにCD買うにはちょっと、というかすでにCDは廃盤で中古は価格高騰、配信もない。こんな状況だとレンタルで聴けるのはありがたい。

もっとも、そんな状況だからレンタルもなかったりすることが多い…。

2013年1月 6日 (日)

デフォルトブラウザでGoogle検索サービス

Apple Mailのコンテクスト・メニュー「Googleで検索」を使うと、デフォルトwebブラウザを何にしていようとSafariが起動してうっとうしい。Apple Mail以外にもスティッキーズとかAppleScriptエディタでも。要はOS標準アプリケーションではみんなそうってことか。

Automatorでサービス作れば解決じゃんと思ったら、Googleで検索するアクションはそもそもSafariが持っているもの。どうしたものかとググった末、ワークフローの中でAppleScript使えばいいとわかり、つーか、薄々わかってはいたけど、コマンド探すのが面倒だったもんで。

20130105_automator

というわけで、選択したテキストを受け取って下のAppleScriptを実行するサービスを作った。検索対象はすべてのアプリケーション。

on run {input, parameters}
	try
		set theText to item 1 of input
		open location "http://www.google.co.jp/search?q=" & theText
		return input
	on error msg
		beep
		display alert msg & theText
	end try
end run

以下、参考。