« iTunesで曲のチェックマークをつけたり外したり | トップページ | 子連れ外出ソロデビュー »

2013年3月 4日 (月)

MacBook Proを自家修理

MacBook Proの光学ドライブが不調なので、自家修理することにした。

もう一年以上前からオーディオCDを認識しづらくなっていたのだけど、この二三ヶ月は特定のオーディオCDやCD-ROM、DVD-Rのブランクメディアを全く認識せず(もちろん、ほかのマシンでは問題なし)、我慢の限界。

調べると、正規サービスプロバイダに修理に出せば費用は40,000円超。ところが秋葉館でバルク品のドライブを売っていて、これが6,000円弱。しかもiFixItをみると換装は簡単そう。ついでにみてみると、ハードディスクの換装はもっと簡単そう、容量に心許なさを感じていたので、どうせ開けるならこっちもやってしまえと。

T6ドライバーを持っていたので安心していたら、作業を始めてからバッテリを外すのに星形ドライバーが要ることに気づいて焦った。実際の作業は、バッテリを外さなくても換装に支障はなく、バラし記事を見なくても開ければわかるくらいの簡単さだった。いや、本来は外してやるべきではあるのだけど。ついでにホコリのたまった空冷ファンの掃除もした。

光学ドライブの換装で、入れても吐き出されて歯ぎしりしてたディスクは問題なく認識。やれやれ。ハードディスクも正常に認識。

SSDにしろとけしかける妻の言うことは聞かず、ハードディスクはHGSTのTravelstar。Seagateのソリッドステイト・ハイブリッド・ドライブなるものも気になったけど、500GBから750GBでは容量増加のうまみが相対的に少ないのと、あまりシステムをシャットダウンせずアプリケーションも起動しっ放し、不使用時はスリープという運用ではご利益が少なさそう(実際、そんなレビューも二三みた)なのとで普通のハードディスクに。


そういえば、ハードディスクを買うときっていつも旧IBM/現HGSTだな。一度だけ東芝製を買ったけど、それは当時2.5" SCSIのドライブがほかになかったから。

« iTunesで曲のチェックマークをつけたり外したり | トップページ | 子連れ外出ソロデビュー »

Macintosh」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37206/56920014

この記事へのトラックバック一覧です: MacBook Proを自家修理:

« iTunesで曲のチェックマークをつけたり外したり | トップページ | 子連れ外出ソロデビュー »