カテゴリー「楽器」の73件の記事

2012年1月 5日 (木)

エレハモのシタールエミュレーター

リンク: Electro Harmonix Ravish Sitar|ラビッシュ・シタール シタール・エミュレーター.

マルチエフェクタとかギターシンセのプログラムではあったと思うけど、単体のペダルで出すかね、普通。ってとこがエレハモらしさなのか。

「MAJOR」「MINOR」っていうのは共鳴弦のスケールのことか。ハーモナイザー的なものが入ってるのかな。

ビデオみたらギターとセットで欲しくなる。共鳴弦の音(もちろん模倣)がずいぶんと響いてて、一応物理的に共鳴弦張ってるエレキシタールよりもシタールっぽい。エレキシタールも、あれはあれで、そういう楽器ってことでいいものだけど。

ベースで使うとシンセベースっぽい音になるね。

2011年12月 4日 (日)

KORG monotribeのアップデート方法が

「アナログ的手法にこだわります」とかいう言い方があざとくて嫌いだけど…。
アップデータをSYNC-INからオーディオ信号として流し込むというやり方に、マイコン世代、涙。

あ、そういやJUNO-60は(ほかのJUNOシリーズも?)カセットテープにパッチデータを保存するんだった。

リンク: monotribe : monotribe version 2|KORG INC..

2011年11月15日 (火)

そういえばEmagic EMI 2|6は

アナログオーディオ資産のデジタル化と言えば、某M師に貸し出したままのUSBオーディオIF、Emagic EMI 2|6。転勤の多い師とともに段ボール箱に入ったまま関東をあちこち移動しているんだろう。

あれを買って以来、私のMacのCPUはPower PC G3からIntel Core2 Duoに、OSは10.2(くらいだったと思う)から10.6になった。まだ使えるのか?調べてみたら、こんなことに。

Emagic interfaces and OSX 10.6 | fstaudio

インストールした後にファームウェアローダーのアクセス権を変えないといけないのはともかく、そもそもRosettaが必要で(リリース時期を考えれば当然)、つまり10.7にしたらさようならなのか。Core Audio前のものだからしかたないか…。

2010年9月21日 (火)

Ovation Magnumのネックは外せない

Ovation Magnum 1のネックが外れないと以前に書いたのだけど、なにげなくマニュアル(リンク先の2ページ目)を読んでいたら、なんと「Glued and bolted neck attachment」って書いてある!ボルトオンなのになんで接着するんだよ、意味ないじゃん。トホホ。

リンク: Ovation Magnum Bass Owner's Manual.

Ovation Guitar Collection

Ovation公認の1/8フィギュアだそうで。でも正直、LegendシリーズとEliteシリーズで三つずつもあってもあんまり面白くないなー。青のSuper Adamasはシークレットだし。変わり種としてエレキがあるとうれしいんだけど。

リンク: Ovation Guitar Collection|オベーションギターコレクション.

2010年8月 8日 (日)

復活のMC924

液漏れしたコンデンサを交換しても改善がみられなかったMC924のイコライザ回路。電解コンデンサを全部(たったの4つだけど)交換してみたら、直った。アクティブにすると音量がやや下がるのだけど、これは明らかな不調がみられる前からのことなので、この際、気にしない。実に二年ぶりの復活と相成りました。

アドバイスをくれた某M師、タカジョイ氏に改めて感謝。

オタマトーンジャンボ〜!

イカス!でもやっとこ様のもので挟まれたほっぺが痛そう。

2010年8月 7日 (土)

楽器店の閉店

ヤマハ渋谷が年内で閉店。買い物はあんまりしてなくて、してもせいぜい小物だったんで、そういう意味ではさほど思い入れはないんだけど、ある種の象徴としての重要性というのは昔からなんとなく感じていて、なんだかんだ言いつつもとても残念。松武秀樹がさよならライブの開催を呼びかけて、向谷実、小室哲哉、朝倉大介などなど、その筋のアーティストが続々と賛同を表しているところに、その象徴性を再認識。

楽器店の閉店で残念だったのは、やっぱり渋谷のカワイサウンドシティ。マンドリンも最初のベース(フェンダージャパンのジャズベース)もカワイで買ったんだよな。なんでだろう。渋谷にはヤマハもイシバシもイケベもKEYもあったのに。これらの店にはなかったんだろうか。そういえば、オリエンテのサイレントベースなんかあって、置いてるものがなんかちょっと違ってた。バラライカもあったとおもう。

そういえば、HMV渋谷の閉店にともなって上の階にあった新星堂ROCK INNも閉店だそうで。短かったな。

2010年6月 5日 (土)

こわれかけのMC924

アクティブイコライザの不調を抱えたMC924。タカジョイ氏、某M師から、症状からしてコンデンサーの劣化ではないかとのアドバイスをもらっていた。しかし、そうはいってもどれが悪いのやら。本当に特定するなら回路を解析するところから始めにゃならんのではないか。つーか、そんなこと私にはできないし。

Imgp0884
とかなんとか思いながら外したままの基板を眺めていたら、一つ、頭にかさぶたのような錆びのある電解コンデンサーが。液漏れか。これだろうか。いや、これ一つ替えるだけで済んで欲しい。

と、先週秋葉原へ行って購入。本日交換。…挙動が変わった気がするけど、直ってはいない。「イコライザをON」→「バリバリと歪んだ音が出始める」→「まともな音になる」の間隔が縮んだ気がする。そして、しばらく弾いてると、無音かと思うほどに音量が下がる。ツマミをブーストの方に回すとまた音が出始めて、同じ挙動を繰り返す。なんなんだ、もう。

2010年4月25日 (日)

不調のMC924、その後

MC924の不調、原因はイコライザのLow用ポットだと思って外したはいいけど、テスターをあててみた限りでは問題なさそう。レアすぎるGテーパーだから、壊れたら代替パーツがなくて困るのだけど(Bで代用するしかないかなー)。

と、わかったのが年末のことで、外したポットをまた半田付けするのが億劫で放置することはや4ヶ月。とりあえず組み戻した。その後音を出してみてわかったのだけど、アクティブ回路をONにしたとき、すぐには音が出ないのだけど、Lowを目一杯上げてしばらく強めに弾いてるとバリバリというノイズ混じりに音が出はじめて、さらに弾いてるとまともな音になる。いったんまともな音が出るようになるとその後は問題ないのだけど、OFFにしてしまうとダメで、次にONにしたときにはまともな音が出るまでに同じ過程を繰り返さないとイケナイ。逆に言えば、こうすれば音は出る。五、六回繰り返して再現性あり。ということで、これはどういう症状なんだろう。

パッシブで使う分にはなんの問題もないから、もうこのまま放っとこうかという気も。ほら、渡辺等サマもアクティブ回路は外してるし(そもそも最近はMC使ってるんだろうか?フレットレスはStingRayばかりのような気が…)。

より以前の記事一覧